メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年09月09日

人の土俵では戦わない その2(京都のM先生への手紙)

(その1が下にあります)



FCに加盟するということは

人の土俵で戦うということだ。


わざわざ加盟金まで払い自分の戦う土俵を買う。

もうこの時点で勝負がついている。



誤解がないようにしたいのですがコンビニが悪い、

フランチャイザーが悪い、

加盟するなって言ってるわけではありません。


なかなか勝ち目の少ない戦いだってことが言いたいのです。

実際に私はあるFCに加盟したことがあります。

そこではいろいろ勉強させていただきました。

けれど儲かったという気はしません。

もともとの「お金儲けがしたい!」っていうのには

多分ほど遠いのではないでしょうか。

社会の仕組みを勉強させていただいた、という感じです。



それで話がコンビニだったりカレー屋だったりすると

そんなことはしないって思うんです。

けれど話が個人の学習塾の場合は違います。

どこにも加盟していないから大丈夫ってことになるんでしょうか?



今日はいっちゃいますね。

「アホか!」って言われるのを覚悟して。



われわれは大きな大きな土俵に上らされてます。

ですから人の土俵の上にいることに気が付かないのです。

主催者は誰か?

それは文部科学省あたりでしょうか?

それとも教育委員会とか学校法人でしょうか?



少なくとも我々は「受験」という土俵に上らされます。

受験のルールは我々が決めることができません。

塾がいう情報とかデータとかって何なんでしょう。

「うちのデータは精確だ」

そうでしょう。


私の塾が逆立ちしたってかなわないでしょう。

けれど、そう言って自慢している大手塾でも

受験のルールを自分で決めることができません。

大手が逆立ちしてもルールはかわりません。





誰でもできることではないのでしょうが

私がやりたいことは例えばコンビニエンスストアというような「ジャンル」をつくることです。

コンビニというジャンルをつくったのはヨーカ堂の鈴木敏文さんです。


アメリカから来たような気がしますが

日本が形だけ真似て独自のものを作り上げたんだと思っています。



教育業界では、じゃ、誰がジャンルを作ったのか?

一番元気なのはNOVAの猿橋社長でしょう。

「駅前留学」というジャンルをつくった。

すごいじゃないですか。

英語を教えているのに受験に左右されない。

テレビ電話のシェアが世界1位!(未発表)

「お茶の間留学」というジャンルをつくろうとしている。

いい、悪いは関係なく。




公文の故公文公会長。

「公文式」というジャンルをつくった。

いろいろ言われていますが偉大な方です。

算数・数学から計算だけを取り出して

それを階段状にして無学年制にし、

それを日本全国すみずみまで広められた。

海外にも進出しておられる。

計算だけやらせる!?なんて常識はずれの発想じゃないですか!

そう思いませんか?

公文の批判なんて簡単にできる。

塾をやってる方なら1日中批判できる。

けれど誰も公文式を作ることはできない。

マクドナルドと同じだ。

気の利いた店でなくてもマックよりおいしいサンドイッチなんて作れる。

けれど誰もマクドナルドと同じ規模で

ハンバーガーを流通させることなんてできない。




体に悪いとか、ファーストフードだからいけないなんて

誰だって言える。

けれど、いったいどこを見ているんだ?

我々はひとりの消費者としてマクドナルドを見て批判するのか

ひとりの駆け出しの経営者として天才経営者が作った傑作として学ぶのか

どちらなのか?


ひとりの教育者として公文式を見て批判するのか

それとも公文氏がつくりあげた巨大な天才的なシステムを見て学ぶのか

どちらなのか?

なぜA5版で

なぜ教材費は無料で

なぜ女性講師で

なぜ無学年制で

なぜ週2回で

なぜ月謝は6300円で

という天才的なシステムから学ばないのか?



セブンイレブンに入ってビールとチップスを買って

お金だけ払って帰るのか、

それともいたるところにある天才経営者鈴木会長の

天才的な作品をタダで見せてもらうのか

どちらなのか?

我々は商品を買って、その代価としてお金を払うだけなら

20年頑張っても、30年頑張っても

絶対にセブンイレブンの規模には届かない。

我々が経営者として成功したいなら

商品の代価としてお金を払うのだが

授業料として支払っているという意識が

絶対に必要ではないだろうか?



どう思われますか?

ねえ?

ちっぽけでいいんでしょうか?

受験産業でおわるのですか?

もちろん私の塾は小さくて

弱っちろくて

私の実力は講師を6,7人雇える程度です。

お恥ずかしいが言っちゃおう。

正社員を雇いたい!

けれどそんな力が全然ない!

事務員を雇いたい!

けれどそんな余裕は全然ない!


ですが、目指したいのです!

見ているところはこの受験産業の外なんです!




この世の中は人のためになることをする人は

賞賛をもって迎え入れられるのです。

今まで人が不便に感じていたことを解消する、

新たなサービスを提供する、

もちろんこれからの世の中は

環境に配慮したサービスが重視されるでしょう。

それも含めたところで人のためになることです。



それには受験産業の枠を越えなければならない。

受験という土俵を飛び出さないといけない。

受験という先人がつくった土俵の上で

私は競争したくない。

自分が死ぬほど努力した上前を

ちゃっかりはねてる人がいるからだ。



だから私は自分の土俵をつくり

その上で戦う。

その土俵ははじめは猫の額くらいの大きさでしょう。

その猫の額からどんな人でも始めないといけないと思ってます。





(偉そうなことを書きました。

 ああ、恥ずかしい。

 なぜ私はこんなに恥をさらしてまで

 毎日書いているのだろうか?

 追放された魂のように。


 京都のM先生!元気で待っていてください。

 これから、がんばりま〜す。)




posted by りんご at 22:33 | Comment(10) | 学習塾一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人の土俵では戦わない その1

車を運転していると田んぼだったところが

土を入れられ、平らにならされ

周りには側溝なんかつくり

フェンスが張られます。

そして看板があってこう書いてます。


「コンビニ経営者募集中!」


おお、ここにもそのうちコンビニができるぞ。

帰りにビールが買いやすくなる!って思ってます。

そういったところが2ヶ所あり

私の生活も少しは便利になりそうです。

私はコンビニが大、大、だ〜い好きだ!

夏でもコンビニでおでんを食べるし肉まんも食べる。

ビールは割高だけど冷えてるし。

おつまみなんて最高!選び放題!

お、激辛カップラーメンがあるじゃないか!

そうだ、ハガキだしとこうっと。

それにコンビニ振込み、むちゃ便利!






ところで先日も書いたんですが、

私は競争に興味がありません。

競争に興味がない、ということをもっと正確に言うと

誰かが主催する競争には参加したくない

ということです。

俗に言う、人の土俵で戦わない

ということです。



これは結局、主催者に一番の利益が分配されます。

ルールや仕組みを作ったひとが勝つんです。


例えば、お金儲けがしたい!って言う人がいます。

もう人に雇われて仕事をするのは嫌だ、っていう方がおられます。

子供も欲しい、あるいは子供が大きくなると

これからどんどんお金がかかる。

できれば夫婦で働きたいということです。

それじゃ、コンビニはどうだろう?

(私なら絶対にやりませんが)よしやってみよう!

ってなるとします。



FCだからどこにしようかって選びます。

○ブン○レブン、○ーソン、○ァミマ他いろいろあります。

そのひとつと契約したとして、

毎日戦いです。

他のFCの加盟店との戦い。

激しい戦いです。

そして誰かが勝つでしょう。

勝者はいます。

誰でしょう?

いつも勝者は主催者です。

この場合、フランチャイザーです。

この戦いはどういうわけか

フランチャイザーどうしの戦いに見えるのです。

車に乗ってると「どこにしようかな」

「あそこの焼きそばが食べたい」

「おにぎりなら、○○だよね」

とかってなります。

けれど実際に戦っているのは個人の経営者です。

長い労働時間にアルバイトの方の管理。

アイドリングする車があって苦情がくる。

駐車場でたむろする若者。

駐車場で車上荒らしがガラスを割る。

夫婦でやってるならシフトはずらしたりするんでしょう。

そして場所が悪いから移転する、なんてことは簡単にはできないでしょう。

コンビニはあるとすごく便利だけど

私はそこで戦いたくはない。




(「その2」へ続く)




ああ、不遜!

ああ、コンビニの方々を例にとるなんて、失礼な!

ごめんなさい。

悪くいうつもりはありません。

実際にコンビニを経営したこともありません。

気に障る方がおられましたら、お許しください。
posted by りんご at 18:49 | Comment(2) | 学習塾一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

私は誰とも競争しない(ラジコンカーの話)

こんなこと書くとのんきな塾だって思われるかもしれない。

けれど書こう。

こういうことを書いたっていい。



私は小さいときから競争するのが

そんなに好きではありませんでした。

ナンバーワンにもオンリーワンにも興味がありませんでした。

つまり「人に勝ちたい!」ってあんまり思わなかったし

「人と違っていたい!」とも思いませんでした。



私は自分の興味があるものが好きでした。

私が小学校4年生のときに熱中していたのは

ラジコンでした。

RCカーと呼ばれたあれです。

自分で組み立てるようになっていて

改造もできて奥が深かったです。


はじめに小さな本を買ってもらって

その本をなめるように読みました。

どのページに何が書いてあるのか

すべて暗記していました。

次に製品カタログを買ってもらった。

そこにはラジコンカーのすべての種類があり、

値段や特徴が書かれていた。

最後には全パーツが写真入で載っていて

値段が書かれていた。

私はその本を学校から帰ると読み

夕飯を食べるときは自分の傍らへ置き

トイレにいくときはもちろん持って入って読み

テレビを見るときもコマーシャルになったら読み

寝るときは枕元に置いて寝ました。

5冊も6冊もそういった本がありましたが

全部持ち歩いていました。

値段もパーツの名称もすべて頭の中に入っていました。

そのかわり本はすべてボロボロになり

セロテープで補強していました。



あるとき母の職場に百科辞典のセールスマンが来て

説明を聞いた母はその百科辞典を

私のために買ってあげようと言い出しました。

確か当時の金額で20万くらいしたんだと思います。

両親はけっこう悩んだんじゃないでしょうか。



そんなとき父がセロテープで補強したボロボロの本を見て

「百科辞典にどれだけの値打ちがあるんだ?

 このセロテープでやぶれたところをなおした本のほうが

 何百倍も何千倍も値打ちがある。

 そしてこっちのほうが役に立つ。」

と言いました。

そして百科辞典の話は流れました。

こんなこと今書くまで完全に忘れていました。

 


そして親は本物のラジコンカーを買ってくれました。

それを組み立てるのがすごく楽しかったのを覚えています。

そうして実際に走らせるのですが

私は走らせる事にはそれほど興味がありませんでした。

ましてやレースに出て人と戦う気持ちもありませんでした。



それでも毎日走らせて、

走らせたらかなりの部分を分解し

ボロギレでそうじしてまた組み立てていました。

走らせている時間よりもずっと長い時間

ドライバーを握っていました。



「塾の独自性を打ち出す」とか

個性を出す、オンリーワンになるって

私には全く興味がありません。

自分の知っているどの塾よりも大きくなる

と言うことにもあまり興味がない。

もちろん大きくなりたいし

必ず大きくなります。

けれどそういったことにはあまり興味がない。


私は自分が興味を持ったことにおかまいなしに没頭したい。

まわりのことはどうだっていい。

近所の塾が2つとも上場していようが

私にはほとんど影響がない。



私は人との関係において自分がどうなのか

ということに根本的に興味がないのだと思います。

ぼ〜っとしてると、人の価値観に引きずられることはあります。

けれどやっぱり興味がない。



人と違うことって考えて出来ることとは思えないし、

そういうのってつまらなくって続かないと思うんです。

儲かりさえすれば続くんでしょうか?

もって3年か5年なのじゃないでしょうか。

94%の会社が5年以内に潰れるって言うし。



儲けることは非常に大切なことです。

私はもっと儲けたほうがいい。

キャッシュで今の50倍は持っていたほうがいい。

いいのはわかっているが

順番を間違わないようにしたい。



「人と違うことをしたほうがいいから違うことをする」

「そうするとより儲かるからそうする」

ってやっぱり私には無理だ。

30年のスパンで見たら

必ずやりたいからやったこと

興味があったからやったことのほうが

何十倍、何百倍もの成果をもたらす

今日の私は、そう信じています。



それでは。









posted by りんご at 20:49 | Comment(13) | 学習塾一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。