メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年05月14日

ブログを通して得たもの

もう別に誰が読むとか読まないとか

そんなことを考えてブログを書かなくなりました。

ブログというのは看板でしょうか?

それとも顔でしょうか?

人格がにじみ出たり

さらにはそこに信用というものがついたりするものでしょうか?



みなさんは人を信用するために何を基準にしますか?

私は実は今回のセミナーを開くにあたって

後から考えたらとんでもなく恐ろしいことをしていることに気付きました。

なぜなら参加していただいた2重まる先生とはお会いしたことがなく

また永濱先生ともセミナーではじめてお会いしました。


はじめはブログでお互いを知り

そして毎日お互いを読むことで信頼し

今回偶然が重なってセミナーを開くことになりました。

メールしてそれも始まってます。


お電話もしたのですが

今回のはネット率80%以上の関係で開催しました。



凄いですね、ネットって。

お会いしても旧友に会ったような錯覚を覚えます。



ブログを通して得たものは

ネットはリアルをつなげているってことです。



当然また書きますので

これからもよろしくお願いいたします。



では。


関連:ブログはブランドをつくる場所〜ルイ・ヴィトン表参道店とブログ


posted by りんご at 21:56 | Comment(2) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りんご先生にお会いし、「ブログとは印象が違う。」そう思いました。どこがどう違うのか?その答えが分かりました。
実際のりんご先生は、一言では形容することが出来ない。だから「どこがどう違うのか?」との質問に答える事が出来なかったのだと思います。
しかし、ネット率80%。…。確かに凄い話ですね。
Posted by 二重まる at 2008年05月15日 02:41
二重まる先生、こんにちは。

>実際のりんご先生は、一言では形容することが出来ない。だから「どこがどう違うのか?」との質問に答える事が出来なかったのだと思います。

これってむちゃくちゃうれしいです。
またお会いしましょうね。
Posted by りんご at 2008年05月16日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。