メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年11月15日

半年考えた

最近、ブログを書いていると


ごくたまにほめられるときがある。


ほめられるとむちゃくちゃうれしい。



それはなぜかと考えると


半年かけざんについて考えているからじゃないだろうか。



本当は引算についても考えているし


分数についても考えている。



私は塾の先生だからってわけではないが


アカデミックなことは一切関係ないと思う。



考え続けてほめられたいけれど


本当にほめて欲しいのは


小学生だ。


私は小学生や


小学生を教えている先生から


すごくほめられたい。




塾も大きくしたいし


安定した生活も送りたい。



けれど一番の目標は


小学生とその先生から


熱狂的に支持されたい。



きれいごととかっていうのじゃないと思う。


朝、犬の散歩とかしてるとき


夜、塾の電気を消して車へ向かうとき


よく思う、


今死んだらいけないって。


自分がやっていることを


形にするまでは死んじゃいけないって


ホントに思うんです。


「じゃあ、もっと一所懸命やれよ」


って自分でもおもうのですが・・・。


私がやっていることはアイデアを出すことです。


かけざんとか引算なんていう


ありふれたものを


ずっとずっと考え続ける


これって結構難しくて


誰でもできることじゃありません。



落ち込んで落ち込んで


とぼとぼ歩いてると


急に視界がひらけるんですよ。


すごく遠くまで見渡せます。


そしてしばらく歩いてると


また何も見えなくなる。


その繰り返しです。




昔、つい1年ほど前なら


自分がかけざんについて考え続けているって


「はあ?」っていう感じだ。


「そんなことをやるために

 あなたは大学とか行ったの?」


って聞かれても困る。


私が大学でやっていたのは


詩を読んだり書いたり


短編小説を読んだり書いたり


シェイクスピアやキーツを読んで


おもしろいな〜とかって言ってたんですから


な〜んも、関係ない。



そうだ、韻を踏むのが大好きで


いつもライミングディクショナリを持ち歩いていた。







〜〜〜〜〜〜〜〜〜


あ、時間切れだ。


まとまらなくなっちゃった。


posted by りんご at 22:10 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。