メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年03月31日

2時間半待たされる焼肉屋とキャンセル待ちの塾

本当に久しぶりに焼肉店というものに行きました。

自宅でも焼肉なんてしません。

たこ焼きはしますが。


車で40分くらいかけて

岐阜県養老へ行きました。

5時開店なのですがその時点でもう35組待ちです。

結局席についたのが7時半でした。

都会じゃ、そんなことはめずらしくないのだろうか?

私にはとてもめずらしかったです。


養老といえば養老ミートかと思っていたら

飛騨牛の専門店でした。

なんで?でしょ。



やっぱり塾のブログなので塾の話なのですが

これだけ待たされると待っている方は相当期待が高まります。

噂ではこの店が一番おいしいということです。

タンも通常の3倍の厚みでした(びっくり)。



塾と飲食店はそりゃ違いますが

塾でいうと定員いっぱいでキャンセル出ないと入会できないという状態です。

ブログとか読んでるとたまにそういう塾がありますが

本当にすごいですね。

昔、近くの英語教室がそういう感じでした。

立地とかにもよるんですけど。



どんな風にキャンセル待ちが出る塾をつくるのかわからないのですが

定員が少ないと自然とそうなりますよね。

私は定員になれば引っ越すということを繰り返しているので

いつまでたっても生徒募集中ってことなんですよね。



待たされている方の心理としては

「こんなにお客さんが多くてすごい店だな〜。

 ほんとおいしいんだろうな〜」というようなものだったのです。

最初にタンから食べ始めたりしますが(私はどうでもいいと思ってますが「お前タンからって決まってんだよ!」っていわれるので)

そのタンが通常の3倍の厚みなら

「おお〜!この店、すげ〜〜〜〜!」ってなると思います。

それでその後はそのタンの厚みで

何もかもがスムーズにいくと思います。



ああ、お腹いっぱい、ってことで会計にいくと

またびっくりするくらい安いんですよね。

裕福な生活をしてないのですが

「安い!」って思いましたから。

そりゃまた来ようってなりますよね。



これからは待ち時間の使い方をはじめから考えていくようになりますよね。

ドラえもんの映画なら2本は必要ですね。



ということで。



では。





posted by りんご at 14:12 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。