メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年02月28日

とてつもないことに気付いたかもしれない。

実は今日は先程、生徒からすごいことを聞いてしまいました。




普通、ちょっとありえないことが起こったのです。



詳しくはこういうところでは書けませんので申し訳ないのですが

内容としてはよいことです。





直接私に電話してくださったり

メールをいただけたら(知人に限る)

お話はできます。

ここに書けない理由は人に迷惑をかけるかもしれないからです。




それで気付いたのです。

今日はチラシを入れたのです。

そのチラシというのが「ああ、クレームくるかな・・・」っていうか

「それが塾としてどういう意味あるチラシ?」というようなものなのです。


今って塾にとってはすごく重要な時期なんですよね。

入試と生徒募集という最も大切なことが重なっているんですよね。



それで私のような小さな塾では資金に余裕もないですし

1回1回のチラシって身を切るような感じがしませんか?

出してもそんなに反応ないっていうこともあります。



だから塾としてはひとりでも多くの生徒に入ってもらいたい、

体験授業だけでも受けていただけたら、って思うんですよね。


すごくわかる。

そんなのあたり前ですよね。



けど、今日、わかっちゃった。

よく本なんかに書いてる、まず人のために役立つことをすれば

必ず返ってくるから、とか

人が必要とするサービスを提供していたら必ずお客さんはいるから、みたいなのってありますよね?


ちょっとはっきり思い出せないのですが

そういう感じのこと。


それって具体的になんなの?って気がしませんか?

塾だと、それってなんなの?って。



話は変わるんですが、

私はブランドを構築したいと思っています。

それで宣伝しても、いくらチラシ折り込んでも

知名度は上がるけどブランド構築は出来ないよ、って本で読んだんですよね。



つまり人がほめてくださったり

人が噂みたいに宣伝してくださったり

そう、利害のない人とか、

今日なんか、もしかしたら対立する立場にある人とか(私もその方もそうは思ってはないですよ、おそらく)

そういう人が私の教材なり塾なり考え方なりをすすめて下さったら

それってブランドの始まりなんだなって思ったんです。



いや、文字にするとあたり前すぎるのですが

私だってこんなことは以前から話聞いたり

本で読んだりしてますよ、

けれどじゃあ、実際にどういうことなのかってことが

今日わかったんですよね。



それは私にだけしかあてはまらないかもしれませんね。

(実はそんなことないと思ってます。)



結局、われわれって人間なんですよね。

同じ人間なんですよね。

自分がしてもらってうれしいことは

相手もうれしい。

単純にそういうことなんですよね。



何も言ってないじゃないか、

っていうより何も言わない方がいいというか、


かなり忙しいので

また仕事します。






では。



posted by りんご at 22:15 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。