メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年02月28日

「大黒柱に車をつけろ」

大手塾の会長に

「明るいところへ出て来いよ!」と言われて以来

自分なりのやり方で明るいところへ出て行こうと思っています。

頭の片隅にはいつもその言葉があります。


地方の小さな塾で

周りの競合とチラシやらで戦っているわけですが

午前中は難関中学の問題を解いたり考えたりしています。

今週は麻布と慶應の問題を考えることにしています。

よくできてるな〜って感心しています。

作問者のセンスがいいのですが

結局これらは教材研究の一環なんでしょうね。

それだけ優秀な先生がおられるということなんでしょう。



自分もそういうものに関わりたいと強く思います。

優れた中学入試の問題にこだわり続けようと思います。

そのためには自分のやり方で「明るいところへ出て」行くしかないです。

この夏には第1弾をやりたいとあてもなく言ってます。



イオンの経営者の岡田家の家訓に

「大黒柱に車をつけろ」というのがありますが

(以前ちょっと別件で書きました。)

流れを作るというのは大変ですが

自分からすすんで流れのほうへ入っていく

というのは可能だと思います。

「いや、うちのところは公立メインだから」とか

「家あるし、無理」みたいなこともあるのですが

せっかく塾をやっているのですから

半径5キロの競合だけを相手にするんじゃなくて

どうせなら全国で戦いたいって思う。



「面白そうに仕事しますね」と昨日講師に言われたのですが

面白くないわけがないですよね。

相手はすごい人たちばかりで

大手上場企業がたくさんあって

自分は一番下に位置するわけです。

何をするにもウキウキするじゃないですか。



この仕事は大好きです。





では。




posted by りんご at 10:24 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。