メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年10月28日

パーティーが無事終了

小学生が帰りました。

今年も無事に終わりました。


ところで不思議に思うことがあるんですが

パーティーですから知らない子、初めての子も来るんです。

(まあ、生徒が企画・運営・集客・集金まですべてやって私は補佐ですから。)

それで毎回思うんですが、初めてくるのにうるさい子っているんですよ。

なぜでしょう?

「おい、ちょっとは遠慮しろよ」って言いたくなる。

塾生は静かなんです。授業中はそんなに静かじゃないくせに。

あれはなんなのでしょう?

それで自分の塾生のことを

「あいつらむちゃくちゃいい奴らやん」とか見てて思うんです。

遠慮というか、場所をわきまえてるというか、

ちゃんとしているんですよ。

もうちょっと勉強すればもっといいんですが

あれでも彼らなりにがんばっているのかもしれない。


だいたい私は小学生の女の子に

「おじさん、名前なんていうの?」

って言われたくない。

何か言うのもめんどくさい。

小さい子が「知らない人に声をかけられても

答えちゃいけないし、何かくれるっていても

もらったりついて行ったりしちゃだめよ」

って言われてることをそのまま実践する。

「知らない人に話しかけられても無視」だ。


いや、もしかしたら私は自分を認めてくれない小学生には興味がないんだろう。

というか塾生は一応私のことを先生として認めていてくれる。

勉強する態度がどう、成績がどうというのとは関係なく

彼らは私を「おじさん」だとは思っていない。



いや、ちょっと待ってください。

知らない人に「おじさん」って声をかけるのは

別に失礼なことでも何でもないですよね。



ということは彼ら彼女らが塾へ入り

私が最小公倍数の早い求め方とか

ちょっと難しい問題をすらすら解いてみたら

初めて「先生」と認められるってことかも知れない。



私とかかわりを持たない子達にとっては

私は永遠に「おじさん」なわけなんだ。

そしてそれでいいんだ。



私が小学生に「おじさん」と呼ばれてムっとしてるのは

「病気」なんだ。

これは「先生病」だ。

それとも「しょぼいプライド」だ。

あぶない、あぶない。

私はただの「おじさん」、それで十分だ。

だって私の兄はこの前、病院で「おばさん」に間違えられた。

「おばさん」よりはずっといい。



それでは。


posted by りんご at 20:08 | Comment(2) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りんごさん、こんにちは

orbitsです。
ところで、パーティーって何ですか?
生徒さんが企画すると言うことですが、一応、塾主催のパーティですか?
こういうのをすると、塾外生を呼びやすいですし、塾を知ってもらういい機会になりますね。また教えてください。宜しくお願いします。
Posted by 子供が勉強好きになるために at 2005年10月29日 13:25
こんにちは、オービッツ先生。

ハロウィンパーティーです。

いつもこの時期、小学生で英語習ってる子が計画立てて、司会もやります。友達も連れてきます。毎年仮装してコンテストするんですが、今年は連絡が不十分でおしゃれコンテストになりました。

私のやることは教室の飾りつけとお菓子の買出しです。会費よりちょっと多めにお菓子を買って来てあげて、喜ばせます。

それでは。
Posted by りんご at 2005年10月29日 14:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。