メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年10月24日

恐竜

昨日は家族で1日過ごした。

オフライン状態だった。

それでもアクセスしてくださりありがとうございました。



それで長男と恐竜の図鑑を借りてきて見てたら

岐阜に2つ、福井に1つ

恐竜に関する展示のある博物館があることがわかった。


これから日曜日を利用して

ひとつずつ訪れたい。



もしも盛り上がってきたら

アメリカの博物館へいきたい。

すごく面白そうだ。

ビーチで寝そべり買い物っていうのもいいが

私は博物館で化石を見るのも悪くないと思う。

アメリカの初等教育も調べたい。



やることはいろいろある。

「今日、ヒマ?」って電話してくるひとはいないが

あの言い方はすごく嫌いだ。


posted by りんご at 10:35 | Comment(8) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度です。

何と岐阜には2つもあるのですか。
恐竜の肌色って好き勝手にされているのですよね。確か、発見した人達が、黒にしようか緑にしようかとか適当らしいです。
じゃあ、金色、銀色がないのはとても寂しい気がする私であります。
まさに、ゴージャスな恐竜を!
Posted by テツ at 2005年10月24日 10:46
りんごさん、こんにちは。
orbitsです。
僕も5歳になった息子と恐竜の図鑑をよく一緒に見ます。また最近はムシキングならぬ、恐竜キングがあるそうですね。本のお勧めは黒川みつひろ(著)の恐竜のお話が載った絵本です。10冊ぐらいあり、息子は全部欲しいと言っています。
それと、恐竜の博物館は塾の課外授業かねて行きました。(大阪自然史博物館、兵庫県立人と自然の博物館)
今大阪自然史博物館で、恐竜の特別展をやっているそうですよ。行きたいのですが・・・。
では。
Posted by 子供が勉強好きになるために at 2005年10月24日 11:45
 りんごさん、こんにちは。
 僕は、昨日半分がオンラインで、そうでない時間はオフラインでした。
 あ、当たり前か。。。

 恐竜ですか。さすがは男の子ですね。図鑑で見たら次は博物館ですね。息子さんにたくさんの感動が生まれることを祈ってます。感動の数って大切ですよね。
 それから話が違うんですけど、世の中には爬虫類のマニアがいて、僕は得意ではないので理解に苦しむのですが、あの人たちってやっぱり爬虫類系の顔をしていますよね。不思議です。
 お忙しいそうですね。僕も今独り何か企んでます(秘)。
Posted by Sachi(学習塾講師のブログ通信Sachi-net) at 2005年10月24日 12:00
恐竜の博物館が岐阜にも2つあるんですか。
行きたいなあ。
福井は聞いたことがあります。
うちの甥っ子は、昆虫です。本で見て、やはり岐阜の名和昆虫博物館に行って大満足。
やっぱり、触れることが大切!
Posted by Linen at 2005年10月24日 14:13
テツさん、こんにちは。

確かに色って想像するしかありませんよね。

だいたい怖そうな色です。

肉食の恐竜ほどグロテスクな色です。

やっぱり草食の恐竜はやさしい色ですね。

金銀の色は、安土桃山時代に発見されていたら
ふんだんに使われていたでしょうね。

では。
Posted by りんご at 2005年10月24日 21:40
オービッツ先生、いつもありがとうございます。

>本のお勧めは黒川みつひろ(著)の恐竜のお話が載った絵本です。10冊ぐらいあり、息子は全部欲しいと言っています。

それはいい情報を、
チェックしますね!

ありがとうございます。
Posted by りんご at 2005年10月24日 21:45
サチさん、こんにちは。


>お忙しいそうですね。僕も今独り何か企んでます(秘)。

そんなに忙しいってこともないんですが・・・。

また、機会があればその企み、お聞かせ下さい。

では。
Posted by りんご at 2005年10月24日 21:48
こんにちは、Linenさん。

>岐阜の名和昆虫博物館

そんなものまであるんですか。

岐阜県、恐るべし!ですね。

楽しみがふえました。

ありがとうございます!
Posted by りんご at 2005年10月24日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。