メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年02月08日

問題の本質を説明するよりそのものを見せる

前々から2月は開成中学の問題にしますって言っていたんですが

さて、どうしたものかっていう感じでここ最近考えていたのですが

2006年の100円玉の問題にすることにしました。



だから別に新鮮な問題っていうことではないのですが

「これはいいわ〜」って思います。

いや、その、100円玉の問題がですよ。



結局やっていることは

問題の本質を「見せる」ということだと思います。

複合的な問題というのは

子供達にとってただぼんやりとした

つかみどころのないものにしか思えないんじゃないでしょうか?

あたり前すぎますかね?

問題の本質を説明することはできても

それを見せることってどうしますか?

一度算数なり数学をやったものなら

単なる説明でもああなるほどねへ〜ああそうってなるのかもしれませんが

それがはじめての場合は

見せるってことが強いんじゃないでしょうか?

それがパズルだと思うのです(あっさり)。






難問というか良問というか、

そういうのはいくつかの問題が組み合わさっていて

それをひとつずつ分けるようにして

パズルに見えるようなものを作っていく。

イラレをさわったことがある人ならわかると思うのですが

レイヤーがたくさん重なっているんですよね。

ひとつひとつのレイヤーの問題を作ればいいんですよね。



例えば割算の筆算っていうのは掛算と引算の組み合わせですよね。

そして割り切れない場合は小数も加わってきます。

2桁以上で割るときは概数というか見当をつけるというのも加わってきます。

もちろん足算が出来ることは前提です。

それじゃ、割算のパズルを作りますね、っていうことを

はじめは考えていたんです。

けれどこれはまったく面白くない。



割算が出来るようになるためには

掛算のパズルと引算のパズルを練習して

まず簡単な割算の筆算からはじめるのがいいと思います。

そしてその次にはむちゃくちゃ簡単な

ホントに簡単な割算の筆算の虫食い算をして

それをちょっとづつ難易度を上げていくのがいいんじゃないでしょうか?

そうするといつの間にか普通に割算の筆算が出来るようになると思うんです。


って、実際に割算の筆算を教えるときにそんなやり方をしているんじゃないですよ。

開成とかの難しい問題を解くためには

そういう順序でやったほうが

センスとか頭の良さとかっていう単語を使わずに解けるようになるんじゃないでしょうか?




ところで2008年の灘中の問題を見てすごく類題を作りたくなりました。

これは近々やります。

ネタは尽きないですね。





では。








posted by りんご at 17:12 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。