メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年10月18日

好きなイメージ

そういえば


誰が言い出した言葉だろう。




何か決断しよう、何か始めようって


そう思うときなかなか出来ない。


目の前の信号が青でも


その向こうの信号が赤だったりする。


だからなかなか出発できないが


とりあえず目の前の信号が青なら

 
スタートしたほうがいい。


赤信号はいずれ青信号に変わる。


目の前の信号がすべて青になることは決してない。




もしもすべて青信号なら


おそらく信号機が壊れているから


気をつけたほうがいい。




「出し惜しみしているうちに、それが実力になっちゃうものなんですよね。

 できるんだけどやらないと、それが限界になる。」



この言葉と似ているところがある。


(出典はこちらの9月20日の記事です。)


失敗するかもわからないから


やり始められないっていうのは


もしかしたら成長を止めてしまうことになりかねない。


もしかしたら可能性を自らあきらめていることになるかもしれない。



20代の人は「自分が10代だったらよかったのに」って思う。



30代の人は「自分が20代だったらよかったのに」って思う。



40代の人は「自分が30代だったらよかったのに」って思う。



いつだってそうだ。


だからやり始めるのは


やっぱり早いほうがいい。


経験や知恵より重要なもの


それは「失敗をおそれない」という気持ちだと思う。





posted by りんご at 14:16 | Comment(6) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りんごさん、
ありがとうございます。勇気が湧いてきました。
目の前の信号が赤にならないうちにちょっと走って行きます。もしかしたら黄色かもしれません。ああ、そういえば教習所で黄色は原則的に停まれって習いました。でも大阪人は黄色も「渡れ」です。がんばりまーす。(比喩です。僕は交通マナーは守ります笑)
Posted by さち@携帯 at 2005年10月18日 14:31
毎度です。いい話ですねえ。
私はそれを壁と思っています。
壁は乗り越えるモノでなく、潰して突き進むモノである。
それが高くても、厚くても、道具を見つけて、ぶっ壊せ!でないと先の光は見えない。
ね、よく似てるでしょ。
Posted by テツ at 2005年10月18日 15:06
orbitsです。
りんごさん、こんにちは

>出し惜しみしているうちに、それが実力になっちゃうものなんですよね。
 できるんだけどやらないと、それが限界になる。

今の自分を象徴したような言葉ですね。結局、僕は不精なのだと思います。

Posted by 子供が勉強好きになるために at 2005年10月18日 15:58
サチさん、テツさん、オービッツ先生、

いつもありがとうございます。

コメント書こうと思ったら

長くなったので

日記にアップします。


これからもよろしくお願いいたします。

Posted by りんご at 2005年10月18日 23:03
まずは、行動すること。それが一番ストレスをためない方法だと思います。
幸い、僕は過去にあこがれるってことがあまりありません。「今」が結構楽しいんです。あと10年若かったらと考えても仕方のないことを考えないようにしてたら、本当に気にならなくなりました。ただ、その分、大人になりきれてないのかもしれません。
Posted by JackAmano at 2005年10月19日 00:10
ジャックさん、いつもどうも。

>ただ、その分、大人になりきれてないのかもしれません。

けっこうこのフレーズ使われますね。

>あと10年若かったらと考えても仕方のないことを考えない

まったく、そのとおりです。

同じように、あと5年経験が必要だってのも無意味です。

では。
Posted by りんご at 2005年10月19日 11:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。