メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年10月17日

淡水魚のあわいあじわい

昨日は家族で琵琶湖博物館へ行った。


淡水魚(たんすいぎょ)がたくさんいる。


ついでにカイツブリがエサを食べるところも見られる。





私はアユがたくさんいる水槽や


ニジマスがたくさん泳ぐ水槽が大好きだ。






海の魚を集めた水族館は派手で


私もすごく好きだけど


淡水魚を見ていると


水墨画のように


深い味わいがある。




明るいライトの中を泳ぐアユを


目をつむり、思い出そうとすると


内田百蠅僚颪い�


菊の話を思い出す。



ずいぶん昔に読んだので


ほとんど細部を覚えていないが


菊の展示会へ行ったそうだ。


一方向へ歩きながら見たから


目をつむると


今見た菊が


まぶたに映っていて


歩いた方とは逆向きに


菊が流れていく。


そんな話だった。




どことなく淡白さが似ていた。








posted by りんご at 17:18 | Comment(6) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りんごさん、こんにちは
orbitsです。

当塾も博物館は去年から課外授業で年に4回ほど行っているので、気になる情報ですね。
琵琶湖博物館のHPも見ましたよ。

家族で博物館に行くのは、子供がすんなり、李下の勉強に入っていく意味においても教養を見につけるうえでもすごくいいと思います。
またお邪魔しますね。

Posted by 子供が勉強好きになるために at 2005年10月17日 19:22
オービッツ先生、ありがとうございます。

琵琶湖博物館は交通の便が悪いかも。

けど確かブラックバス料理が食べられるんじゃなかったですかね。そういうのは、面白いですね。私は食べたことないですが・・・。

またよろしくお願いいたします。

では。
Posted by りんご at 2005年10月17日 19:33
淡水魚と水墨画って、言われてみれば、なるほど共通点があるような気がしますね。
信州で食べた岩魚を朴葉でくるんだ蒸し焼きが忘れられません。そういや、鮎も長いこと食ってないなぁ。
食欲ばかりですみません。
Posted by JackAmano at 2005年10月17日 21:29
ジャックさん、こんにちは。

信州行って魚が食べたいです。

四国へ行って魚が食べたいです。

ニジマスもおいしいですよ。

酢醤油で食べるとたまりません。


いつもありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。
Posted by りんご at 2005年10月17日 22:16
こんにちは。

家から国道を隔てた下方に、北アルプスから流れてきて長野市で千曲川に合流する(そしてやがて信濃川と名前を変える)犀川が流れています。このあたりまで来るとイワナやヤマメはいませんが、ニジマスはたまにいるそうです。
私は専らハヤやオイカワといった雑魚に遊んでもらうため、夏の夕方に毛針を持って出かけます。気が向くと釣れたのを運んできて水槽で飼いますが、水草も入れないしライトも点けません。フィルター以外は大きな石が数個だけ。バックに黒い板を貼り付けてあるので、まさにモノクロの水墨画の世界です。
Posted by at 2005年10月18日 12:08
桐さん、こんにちは。

すごくストイックな文章で驚いています。

>私は専らハヤやオイカワといった雑魚に遊んでもらうため、夏の夕方に毛針を持って出かけます。

子供の頃、アユ釣りをしていたとき

ハヤが我々を横切って、華麗に泳いでいる姿が

いつまでも残っています。

カッコいいなって思いました。


またよろしくお願いいたします。
Posted by りんご at 2005年10月18日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。