メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年10月15日

『子どもには魚を与えるな。魚の釣り方を教えよ!』

私の住むところはキムタク夫婦が

おしのびでやって来たほど有名な

バス釣りのスポットです。

といってもそんな行列ができるわけではなく

せいぜい一日10人くらいだから

「穴場」なんでしょうね。



魚釣りとは全く関係ない本から

自分が赤線を引いた部分を引用いたします。




平成3年の6月の初版になっている本です。

三好義光著『子どもには魚を与えるな。魚の釣り方を教えよ!』

(主婦と生活社)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私は、教育とは自立させること、だと信じている。

最終的には、親の手を離れるところまで、

子供を育てあげること、これこそが、

教育の本来の目的だと考えている。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そりゃ、親元を離れて

独立して生きていけるようになって欲しい。

不況だからとか

社会が悪いからとか

そんなことを言わないような人間になって欲しい。

そう思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

判断力の弱い子どもの後見人として、親が判断するべきことも多い。

しかし、それはあくまでも、子どもの”自立”のためでなければならない。

未熟な子どもにお金と時間をかけて教育するのは、

将来子どもが自分の人生を、自分の意思と力で

切り開いていけるよう、しむけるためである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜中略〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いまの親は、

あまりにも子どもに魚を与えすぎているような

気がしてならない。

それも、のどに引っかけては大変と、

いちいち小骨を取ってやって、

あげくの果てにはいい年をした子どもに、

箸ではさんで口に運んで与える。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


けっこう言葉が悪くて気に障る方もおられるでしょう。

けれどおっしゃってる事はもっともです。



子どもをコントロールしようという意思が

見え隠れするような文章ですが

それはそれで気にならない人には気にならない。



塾というものは

一体どっちなんでしょうかね?


塾は魚を与えているのか

魚の取り方を教えているのか。



「ここではむかし魚がよく釣れたから

 常に注意しましょう。

 ポイントだよ。」

とか

「今日は撒き餌のやり方を教えます。

 この方法は重要ですから

 皆さん、しっかりきいてください。」


「今日は君たちが問題を作りましょう。

 そして後半はそれを違う人に解いてもらいますね。」


「これやって、これむっちゃええで。

 これ昨日作った新作パズル。

 むちゃくちゃ難しいって。

 出来ても成績は上がらんけどね」


「さあ、ブログを使った学習を始めます。

 いちばん速く1000アクセスに達した人が勝ちです。

 自由にサイトを作ってください。

 期限は今日からちょうど1週間です」



いろいろあるんでしょうが

塾も2通りになっていくんじゃないでしょうか。

「魚を与える塾」



「魚の釣り方を教える塾」

という2種類に。



どちらも需要があるでしょう。

自分はどっちへ行こうとしているのか

よく考えることがあります。


posted by りんご at 19:19 | Comment(8) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。Sachiです。

 やっとお仕事終わりました。。。ふぅ、疲れた。。。

 魚の釣り方を教えてあげられるようにしないと、大人になった時に生きていけないですもんね。少なくとも精神的には。
 魚の釣り方を教える教育は、ドラゴン桜でもやってましたね。

 ありがとうございました。
Posted by Sachi at 2005年10月15日 22:10
サチさん、お疲れ様です。

そうなんですか、ドラゴン桜でやっていたんですか。

この表現は多分、古くからあるんでしょうね。

今日は考えている時間がありませんでした。

それでは、またよろしくお願いいたします。

PS

サチさんのところは恥ずかしくて書き込みできませんでした。すいません。
Posted by りんご at 2005年10月15日 23:36
こんにちは。

以前の記事でも書きましたが、魚の釣り方も十年一日ではダメですね。「違う季節に違う方法で別の魚を捕る方法」を教えなければ....。
Posted by at 2005年10月15日 23:37
桐さん、こんにちは。

>魚の釣り方も十年一日ではダメですね。「違う季節に違う方法で別の魚を捕る方法」を教えなければ....。

カッコイイですね。

さすがです。

では。
Posted by りんご at 2005年10月15日 23:55
こんちは。
昔は魚の釣り方を覚えれば生きていけましたが、最近は、魚が棲める環境の守り方を知らなければ、魚がいなくなってしまい、結局魚は釣れなくなってしまいます。
昔よりは、確実に広い思考を育てる教育が求められていると思います。
Posted by JackAmano at 2005年10月16日 00:36
ジャックさん、こんにちは。


すごい!

そうきましたね。

素晴らしすぎます。

あ〜、今日はもっと考えて

書けばよかったです。

恥ずかしいです。


では。
Posted by りんご at 2005年10月16日 00:42
魚の釣り方の話は有名のようですね。
私は教育実習の際に初めて聞いた覚えがあります。それからといもの、ずいぶんと塾に対する見方が変わってきましたよ。

ドラゴン桜はおもしろいですよ♪
私も読んでます。
Posted by edu at 2005年10月16日 13:01
eduさん、こんにちは。

>魚の釣り方の話は有名のようですね。

知りませんでした。

お恥ずかしい。

またお願いします!

では。
Posted by りんご at 2005年10月17日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。