メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年01月28日

近代音楽史と学習塾その3

個人塾というのはどうもギターの弾き語りのような気がしてしかたがないです。

しかも音をマイクで拾ってない気がします。

毎日ライブ。

弾き語り。

例えば友部正人「あいてるドアから失礼しますよ」




同じくほとんどアンプラグドなんですが

大手は個人の力量は関係なくオーケストラのような気がします。

それぞれが役割を分担して

バイオリンの人はバイオリン。

チューバの人はチューバ。

比較的大きなホールでコンサートをします。

最近は中学校とかの公共施設でもやったりして。



オーケストラの団員は当然のことながら楽譜に基いて演奏します。

指揮者の指示通りに動きます。

それが優れた団員です。

それに比べて個人塾のほうは聴衆の反応を見て

4分の曲を8分に伸ばしたり

3分に縮めたりします。

どちらがいいとか悪いとかじゃないですよね。



けれど、フォークとかクラシックとか

歌謡曲とか聴いていた時に

突然ラジオで忌野清志郎が

「雨上がりの夜空に」なんかを歌ってるのを聞くと




やっぱりロックだな〜って思います。




つづく


posted by りんご at 23:35 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。