メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年10月08日

優秀な講師

こんにちは



いままで何人か


「この人は凄いわ〜

 僕が教えるよりずっといいわ〜

 それになんでこんなに人気なの?

 ありがとう!」


っていう優秀な講師がうちにもやって来ました。


もちろん私の塾の方式において「優秀」というだけで

他の塾へいけばどうか知りませんよ。

それに他の仕事をさせたらどうかもわかりません。

それにこの場所がピッタリ合っていて

それで力が発揮出来たのかもしれません。



まあ、そんなことは置いておいて



それで、そういう人が塾にいてくれて

塾が変わるかっていわれると

そうとも言い切れない。

もちろんいろいろ提案してくれるんですが

基本は自分の役割を完璧にこなすだけです。

私も安心します。

安心して、終わりです。



「優秀な講師」がもっともその存在を発揮するのが

辞めた後だ。

彼または彼女がいなくなったあとの穴を見て

私はぞっとする。

塾の将来を不安に思う。




そして私はやり方を変えようって思い始める。

今までのやり方がいかにダメだったかを知る。



個人の能力に頼りすぎるやりかたでは

塾っていうのは大きくならないな〜とか

だれがやってもある程度成果が出る方法は?とか

人の魅力ではなく別の魅力で存続できないか?とか

どうしてチェーン店ってこんなにたくさんあるんだろう?とか


それはもういろいろ大切なことを教えてくれる。

優秀な講師というのは

塾にいるときにも役立って

辞めたときにも役立つ

素晴らしい存在です。





けれど進むべき道はひとつ。


「優秀な人がいなくても

 運営できるシステムをつくる」


これだけです。



posted by りんご at 09:48 | Comment(0) | 学習塾一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。