メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年10月07日

英語でゲーム

余談ですが

モノポリーを使って

英語の授業をしていたことがありました。

英会話のクラスでした。



モノポリーは「英語版・人生ゲーム」と考えてください。



英語以外の言葉を使ったら

罰金を課して所持金がヘリ

ピリピリしてやってました。

無口になる傾向があるのは否めません。



週一回の英会話のクラスで

だいたい4回に一回くらいなら

だらけずに出来ますかね。



小学生でもなかなか性格があらわれて

興味深いです。

お札をきっちりそろえないと気のすまない子や

なるべく少なく払おうととぼける子

いろいろです。



今は英会話のクラスを私は担当していないので

ピンチヒッターの時にだけ

英語でモノポリーをしています。



ひとつだけだと、どうも長続きするとは思えません。

こればっかりで1年くらいやれると面白いんですがね。

たくさんのゲームを集めて

遊んで英会話を小学生に教えられるといいんですが

今のところよいアイデアがありません。



遊びの要素が強すぎると

保護者の方は敬遠するんでしょうか?

小学生のお子さんを持つお母様、

どうでしょうか?

よければご意見をお聞かせください。


よろしくお願いいたします。


posted by りんご at 20:11 | Comment(6) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっそくコメント。今度は家からです(笑)
小学生の親ではないのですが・・・親として。
私は、子供が「楽しい」と思えばOKです。
だって、楽しくなければやる気が出ない。
勉強も、仕事も、です。
楽しくて、気づいたら理解してて・・・なぁんてラッキー!
こんな母親、ダメですかね?
Posted by Linen at 2005年10月07日 22:19
Linenさん、ありがとうございます。

>私は、子供が「楽しい」と思えばOKです。

ありがとうございます。
塾をやっていてこのことばかり考えこだわっています。算数は準備がすすんでいます。英語はいまひとつです。

>だって、楽しくなければやる気が出ない。
勉強も、仕事も、です。

絶対にそうです。義務とかでは体を壊します。責任感で仕事をやるのは違う気がします。
「勉強は楽しいよ」っていいながら苦行ばかり強いるのは、表現の部分を省いてる気がします。「楽しい」ならひとりでも多くの人が「楽しい」と思えるようなことをしようと思っています。

人の批判ではなく、私はこれでいきます。

これからもお気軽に、いつでもコメントください。
コメントいただくと、すごく元気が出るんです。

では。
Posted by りんご at 2005年10月07日 23:31
りんご先生、こんにちは。
いつもコメントを頂戴致しまして、本当にありがとうございます。

私も子どもが「楽しい」と思えばOKだと思っています。

実は一橋進学塾では高校生にも「算数パズル」をさせているんですよ!

パズルの後は勉強が捗るらしく、頗る好評です。
Posted by 一橋進学塾の中村です。 at 2005年10月08日 10:29
こんにちは、中村先生。

コメントありがとうございます。

>私も子どもが「楽しい」と思えばOKだと思っています。

そうですか。やっぱりそうなんでしょうね。


>パズルの後は勉強が捗るらしく、頗る好評です。

このような活用は大変有用だと私も考えています。

高校生くらいだと大人向けの難しいのでもいけますよね。


また、よろしくお願いいたします。
Posted by りんご at 2005年10月08日 11:04
りんご先生

>高校生くらいだと大人向けの難しいのでもいけますよね。

使っているのは小学3年生〜6年生向けの算数パズルなんですよぉ〜(笑)。

そのパズルに高校生が悪戦苦闘している・・・面白いですよ。
Posted by at 2005年10月08日 12:39
中村先生、ありがとうございます。

そうだったんですか。

市販のなら、多分あれだと思うのですが、

あれはけっこう難しいので十分高校生にも使えます。

またよろしくお願いします。
Posted by りんご at 2005年10月08日 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。