メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年10月01日

雑感

私はもうずっと、小学生に

ひろく学んでもらえるように

塾の方向を変えています。



「どんぐり倶楽部」の糸山泰造先生が

その教材の中で書かれています。(引用いたします。)


小学校の先生は、誰もが哲学者でなければなりません。
なぜならば子供たちは哲学を学びに学校へやってくるからです。
哲学というのは生き方の学問です。
生きるとは感動することであり、楽しむことです。
ですから子供たちは生き方を学ぶ学校で
感動し楽しむべきなのです。



(引用終わり)


毎日、小学生と接していると

なるほどなって思います。

私は自分は哲学者だとは思いませんが

>子供たちは哲学を学びに学校へやってくる

という部分が非常に新鮮な視点でしたね。



話は全く変わるんですが

最近、ブログを読むのを控えてます。

もちろん読んでますが入れ込まないようにし

のめりこまないようにしようと思ってます。

面白いんですがペースが乱れます。



自分のペースで考えて

更新してやっていきたいと考えています。

読んで書いて考えて塾をしてっていうと

非常にせわしく思います。



いろんなことを思いつくのに

形にするまで考えることができない。

今日も新しいビジョンを得ました。

これは私の塾の教材が進むべきひとつの道です。



もっともっと話が変わるんですが

最近、子供の視点について考えます。

子供の視点とは簡単に言うと

常識にとらわれない、

人の批判を考慮しない

ということだと思うんです。



算数の問題のまえで

死んだようになる子供を

嬉々として飛び上がり

踊りだすような子供にするために

やれる手段はいくらでもある。

ただ人の批判を恐れてしまうし、

常識的につい考えてしまう。




ブログやホームページを読んで

私は常識をすぐに学んでしまう。

人の行動を見ていると揺れてしまう。

私はそんなに強くない。



それに「どんぐり倶楽部」の糸山泰造先生の影響を

まともに受けると自分で考えない人間に

一時的になってしまいそうだ。



外部のすべての影響から距離をおいて

私は毎日哲学を学びにやってくる

子供達から一番影響を受ける人間であろう。



そんなことを今日は考えました。



posted by りんご at 18:01 | Comment(6) | 学習塾一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 りんごさん、こんにちは。

 いえ、僕はりんごさんを離しませんから(笑)。


 さて、
 確かに。子供は哲学しています。だからもう、わけがわからないくらい哲学できる塾でありたいです。極端な話ですが。
 例えばソクラテスとソクラテスが会話しているくらい、「どこへいってしまうんだー!?」ってくらい哲学しあいたいです。
 感激しました。ありがとうございます。
Posted by Sachi(学習塾講師のブログ通信Sachi-net) at 2005年10月01日 19:22
サチさん、こんにちは。

そんな難しい塾じゃなくていいんです。
文学的で笑える小学生クラスを作りたいですね。

いつもありがとうございます。
Posted by りんご at 2005年10月01日 20:30
どんぐりから倶楽部からの使者で〜す!(笑)

>それに「どんぐり倶楽部」の糸山泰造先生の影響をまともに受けると自分で考えない人間に一時的になってしまいそうだ。

私なんか、外部からまったくそのように見られているかもしれませんね。

だけど、本当の我が師は子どもたちだけです!
Posted by こだま at 2005年10月01日 22:04
こだまさん、こんにちは。

こだまさんのアドバイスがなければ
私は考えない病にかかってたかもしれません。

考えさせる教材を使っておいて
先生が何も考えないっておかしいですからね。

教材はもっと不親切でもいいのかもしれません。

では。
Posted by りんご at 2005年10月01日 22:13
子どもにとって、大人はみんな生き方の見本です。ってことは、大人はみんな哲学者なんです。だから、学校の先生や親など、子どもに大きな影響を与えてしまう大人は、正しい哲学者でなければなりません。
少なくとも子どもを惑わすことのないような哲学者になりたいです。
Posted by JackAmano at 2005年10月01日 23:06
ジャックさん、こんにちは。

ほんとですね。
いいことおっしゃいます。

>学校の先生や親など、子どもに大きな影響を与えてしまう大人は、正しい哲学者でなければなりません。

正しい哲学者ですか。
なるほど。
Posted by りんご at 2005年10月02日 09:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。