メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年09月20日

さわやかなブログ

私の好きなブログにSatoshi Nakajimaさんの

『Life is beautiful』

というのがあります。


皆さんは英語を話されることってあるんでしょうか?

斉藤孝さんの『からだを揺さぶる英語入門』という本にもあるんですが

英語を話すときと日本語を話すときでは

からだのポジションが違うと言うか

モードが違うんですよね。

斉藤さんの同書から引用させていただくと


>からだを揺り動かしながら英文を朗読することで、
 「日本語の身体」から「英語の身体」への
 モードチェンジを技としてみにつけよう


>ネイティブ・スピーカーを教師にするよさは、
 発音のうまさだけでなく、そもそも彼らの持っている
 「英語の身体」が教室の空気を英語の身体で染め上げるからである。
 身体のモードと教室の雰囲気とは常に連動している。



それがどうしたってなると思うんですが

Satoshiさんはアメリカに住んで会社をやっておられ

常に英語を話されています。

そんな環境の方が

日本語でブログを書かれておられます。


ですからちょっと空気が違うんです。

重たい空気になったときなんかは

Satoshiさんのブログを読みます。


するとモードなのかテンションなのか

分からないものが変わり

ちょっと気分が軽くなる。



英語を話しているときと

日本語を話しているときでは

通常、人格が少し変わりますよね。

人格かどうか分かりませんが

英語を話すときはぶっきらぼうになるし

攻撃的になる。

結論をまず言う。




ところでSatoshiさんほどの方も

ブログを書くようになって

書いていないときの自分が変わったとおっしゃってます。


「書くように生きる」ことのススメです。


ぜひ読んでください。


posted by りんご at 21:16 | Comment(2) | 応援団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

「書くように生きる」ことのススメ、読みました。ブログを始めてからの変化、とても共感できます。私には特にラジオが役に立っています。やはり耳から入った言葉の方がイメージが広がりやすいからか...と分析しています。
Posted by at 2005年09月21日 11:46
桐さん、こんにちは。

私もすごく共感できるんですよね。

ブログを書くようになって日本人の作文能力って向上しているんじゃないかって思います。

>私には特にラジオが役に立っています

そうですよね。桐さん、ラジオの話題が多いですものね。

上越のラジオ局っていうのは聞こえるんでしょうか?

ちょっと知り合いが前までしゃべっていたので。


またよろしくお願いします。
Posted by りんご at 2005年09月21日 15:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。