メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年11月07日

ここにいない誰かのために

過去ログの意味について。

または自分自身のジレンマ。



もうニュースの読者なら自分で直接チェックしてるよね

っていうようなサイトの記事を

わざわざ自分が取り上げてみることについて

ときどき戸惑いを感じることがある。


その記事は読んでて当然っていうもの。

だって自分のブログとかよりアクセス数があきらかに多いのだから。


けれどニュースサイターは現在の読者にのみ向けて書いているんじゃないだろう。

いまこのネットの情報を共有していない

つまり今はネットにつながってない人のために

その人が将来検索したり

さかのぼって記事を読んでいくためにも

過去ログは重要だから

今日ニュースサイターがリンクを張るのは重要じゃないだろうか?



ここにいない誰かのためにリンクを張ろう。

まだ存在しない読者のために

今日の記事を書こう。









posted by りんご at 10:25 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度勉強になります。

未来の読者のため・・・

それを考慮に入れたつくりを考えようと思います。

有難うございます。

Posted by 樋口 at 2007年11月07日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。