メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年10月26日

近所にある大手塾の教室長は自分のことを「受験のプロ」だなんてチラシに書いていますか?

答えがノーならそれはチャンスです。


昔、神田さんの本に


自分がなりたいイメージの肩書きをつくって


みんなに言うとそうなる、って書いてありましたが


塾長先生、チャンスですよ。


近所の塾のチラシがいまだに「生徒募集中」って書いてあるなら


自分は「受験のプロ」として受験や勉強法について


熱く熱くチラシで語ってみてはいかがでしょうか?



塾長先生が「受験のプロ」じゃなければ一体その地域で誰がプロなんですか?


もうひとつ、自分で言うのはタダです。


けれどお金をかけてチラシにまで書くと


それはもう責任重大です。


もちろん覚悟を持って塾をされているんですから


行くところまで行ってしまいましょう。



大手の教室長が自分のことを「教室長」としか称していないなら


塾長先生が先に宣言しましょう。


彼らの肩書きは人事部が決めること。


先生の肩書きは先生が決められます。


極端なことを言えば塾名だってかえることができます。



われわれが地域に対して出来ることって


まずはじめは「決意の表明」じゃないでしょうか?


その決意に対して賛同してくださる方々と


一緒に塾で勉強すればいいんじゃないでしょうか?





自分のことをただ「塾長」とか「教室長」とだけ形容していたら


日々の仕事をこなしていればOKってことになる。


けれどもしも「受験のプロ」なんて宣言したら


毎日勉強しなければいけなくなる。


勉強って好きじゃないですか。


努力って好きじゃないですか。


だったら今から自分を変えましょう。


過去の実績はすばらしい。


けれどそれは終わったことだ。


3年後の実績をつくるために今出来ることを今始めよう。







posted by りんご at 10:51 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。