メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2021年01月13日

なぜ試験に出ないところまでやるのか(3)

学校の授業はその地域の小学生の平均を想定して組み立てられていることでしょう

小学校の範囲のなかの小学生のレベルの平均

彦根市内には現在、17校の小学校

人口11万人都市で17校



大手学習塾は市内に数校舎持っているとすると

学習塾は3〜5つの小学校区を想定していることでしょう

その範囲で平均以上の生徒を集めてその中でさらに平均

そこに向けて授業をすることでしょう



全国で考えると小学校は約1万9500校あります

その平均に向けた授業を想像してください

そのテストで1位の生徒さんの数は同じく1万9500人

学校のトップは全国には1万9500人います



小学校3年生の1学期のテストで学校の1位の生徒は1万9500人

そのレベルというのはどういうものでしょう?

全員が算数オリンピックを受けるわけではありません

しかし学校レベルのことをやっているだけでは勝てないことがわかります



学習塾は全国で5万軒と言われています

その教室のトップの人数は5万人

一般の学習塾レベルの内容ができてもトップは5万人もいます



果てしないことを想定して戦わないと勝てません

全国の算数自慢が集まって50倍の倍率でやっと表彰式

本当の1位は1500倍です



果てしないことを想定すると、試験に出ること=学校範囲というのは始まりにすぎません

そこからどうするのかという戦いなのです

試験に出ないことが始まりの戦いなのです











posted by りんご at 18:32 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。