メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2021年01月13日

なぜ試験に出ないところまでやるのか(2)

小3の夏までの範囲というのは計算でいうと
かけ算やわり算

3桁のたし算ひき算の筆算

そんなもので差は作れませんし

熱狂することもない


深く穴を掘るには円の直径は大きくないと難しい

直径を大きくしたら深い穴を掘るのは、簡単になります


小3の子たちを集めて算数の大会をするというのなら

うちの子には、うちの生徒には

小5までの算数を教えたらいいじゃないか、

中学までの計算をできるようにしておけばいいじゃないか、

という考え方です


そうしたら小3までの内容も深く考えることができます

ただこのようにシンプルな考え方です

しかし小1に3学年も上のことをどうやってやらせるのか?

その方法がシンプルではないということです





posted by りんご at 16:48 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。