メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2016年10月09日

「塾」と「構造不況」

「この塾の業界の閉塞感はどこからやってくるのでしょうか?

おそらく「変わることの出来ない経営者」からだと思います。

世界や日本に閉塞感が蔓延してるわけではなく、世の中はどんどん動いてます。

日本社会にはチャンスがゴロゴロ転がっているのに、それが見えない。

目に入っていても、気付けない。

一時流行ったデジタル教材とかが、更に目を曇らせる形になったことは否めませんね。」

「多くの塾経営者は、20年〜30年前に上手くいったことが忘れられない。

まるで初恋の相手を忘れられないよう。

過去の成功体験を「王道」とか「本流」、「正統派」と勘違いして、こだわって、何もできず、取り残されていることにも気付けない。

確実に世の中が変化しているのに昔のままのメガネから見ている。

年をとるとやらなければいけないのは、若者から学ぶことだと思う。

そして時代から学ぶことだろう。

若者は時代の空気で生きている。

いつまでも昔の空気を吸っていると酸欠になる。」


というようなことを1年前の自分のフェイスブックに書いてました。

随分と昔に「構造不況」という言葉が流行りましたが、まさに塾業界は構造的にダメになってしまってます。

だからと言って私がどうこうできるものでもない。

ただ私は算数オリンピックでメダルを取ることだけを考えます。


10月22日に小学1〜4年対象の算数オリンピック講座やります。

場所は東京恵比寿駅前。

ぜひお申し込みください。

こちらから申し込めます。




posted by りんご at 10:37 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする