メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年05月21日

「●●●は●●●すべきなんですが、どうですか?っていうよりそうすべきでしょう。」

講師も事務員さんも募集してるんですが

もっとも大切にしていることは

「ウキウキしながら仕事をしているか?」ってことだ。


「あなたは上昇気流のなかにいるのか?」ってことを

われわれはいちばん重視しています。


だって授業中に「給料安いんだよね〜」って言ってるような講師の授業なんて受けたくないと思う。(実際近所にある)

親なら子供にそんな先生の授業はパスさせたい。




毎週毎週スタッフには新しいことを言ってます。

将来が具体的になるようなことを言ってます。

逆にいろいろ教えてもらいます。

講師の意見は「即採用」が多いです。

だってそれはほとんどの場合「改善」だから。

しかもいつでも視点は「生徒のため」だから。



私は「改善」はその日からやります。

だってそうした方が生徒のためだからです。



しかし私の本当の仕事は

どんな塾にしたいか、

どんな未来にしたいかを語ることです。

そして具体的な話をしていくことです。


例えば一般的に「塾とはこういうところだ」っていう思い込みを

捨てちゃうということ。


「もう、それしませんから」ということ。

そういうことは他の塾に任せておこう。

私の塾では別のものを提供しよう。


「例えば」になってないけど、

そんなことここで書くことじゃないから

やめておきますね。



とにかくみんなが笑顔になれる場所を

みんなで作ってるっていう意識です。

「それがどうした」っていう人はもともと寄ってこない。



とにかく夜中の2時にメールで

「●●●は●●●すべきなんですが、どうですか?

 っていうよりそうすべきでしょう。」

とかいうスタッフがいるんだから

ホントこれからもっともっと仕事が面白くなりますね。

その仕事っていうのはもちろん塾です。


塾の仕事はおもしろいですね。






posted by りんご at 11:16 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。