メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2014年08月25日

来年も彦根から金メダリストを出したい。長尾賞もとりたい。

先月7月26日の夕暮れ

算数オリンピック協会のHPで

発表がありました。

あれからひと月弱、

自分のなかではいろいろなことが変わりました。



はっきり言って算数オリンピックに力を入れていると

本当に経営的に苦しくなります。

3年前は本当にかなりギリギリで

奇跡的にそろばんを始めてたくさん集まっていただいて

なんとかやっておりました。

毎年100名くらいずつ生徒数が増えているのですが

そうでなければ完全にアウトでした。



それでも算数オリンピックに挑戦する生徒は

毎年7〜8人です。

問題の難易度が高過ぎて誰でも挑戦できるというものではないんです。



7〜8人でメダルをとろうと思うと

ミスが許されません。

私の指導のミスが許されないんです。

調整がちゃんとできていないと

試験当日に実力がでませんから。

もうスポーツと同じなんです。



今年はやっと金が取れて長尾賞もいただけたので

来年もぜひメダルをとりたいと思います。

小学校1〜2年で挑戦したい方がおられましたら

ぜひご連絡ください。

彦根は人口11万人しかいなくて

この中から戦うしかないんです。

それでも勝てるということを今年は証明しました。



私はこれからも算数オリンピックで勝負したいと思います。

もうなかなか苦しかったのですが

これで行くしかないと思いました。

よろしくお願いいたします。



ご連絡はHPからお願いします。


yoyogi.jpg







posted by りんご at 16:16 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。