メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年04月27日

パズルを取り入れている日本中の塾と仲良くなりたい。

ひとりごとが続きますが

食べて行けたらまあいいか〜っていう感じだった数年前と

今とを比べると仕事量というか

頭を使うスピードというか

なにから何まで違ってきている。


テレビとかほとんど見てなくて

たまに見るのはお昼の上沼恵美子の『おしゃべりクッキング』とか

『愛の劇場』とか

見てても「なんでこんなの見てるんだろう?」っていうタイプの番組だ。



中でも不思議なのは10ヶ月以上も続けているパズルマガジンだ。

毎月月末には締め切りに追われる。

へとへとになるけど子供達が解いてると思うと

すごくがんばれる。

普通に塾をやってたら九州とか四国とか

関東の方の生徒さんに教材をやっもらうなんてことはありえない。


驚くことにネットでも実力派として有名な

岡山櫂進予備校の中村さんが私共のパズルを採用してくださり

昨日も暖かいコメントをブログにいただいた。



生きることと同じでやっぱり後戻りはできない。

後戻りできないということは目の前の困難を乗り越えないといけないってことだ。

困難はだいたい困難な顔をしていなくて

すごく大きな壁で、時には大きすぎて存在すら絶対だ。


スポーツシューズのメイカーでアシックスというのがあるけれど

本当に弱小の会社だったそうだ。

それでも今のうちよりもずっと大きかったろう。


そのアシックスが、専門分野を決めるときにいちばん人気のないものを選んだそうだ。

当時最も人気のなかったスポーツはバスケットボールだったそうで

バッシュで一番になることを考えたそうです。

人気のないものは競合も少なくて

会社は徐々に大きくなったそうです。




パズルを取り入れている日本中の塾と仲良くなりたい。


そして一緒に大きくなりたい。







posted by りんご at 23:02 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。