メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2014年01月08日

塾は継続を助けるための場所2

そして実力は「筋肉」のようなものだ。

一朝一夕に身につくようなものではない。

筋肉とは使うことでしかきたえられない。



魔法の方法があって

自信がついたりしても

筋力である実力は伴わないこともある。



自信は思い込みでも持てるが

実力は思い込むことが出来ない。

筋力トレーニングという継続的な時間を必要とする。


思い込みの自信が意味を持つのは

継続的な努力を行う原動力としてだろう。

「自分は上手くなるはずだ」

「自分は合格出来る」

このような自信は非常に大切だ。



ノウハウを知ったとしても

行動を変え、継続的な努力がなけれは

何も変わらない。



塾は行動を変える場所でありたい。

ノウハウや裏技を売る場所では意味がない。


筋肉は買えない。

学力も買えない。

ドラえもんの「暗記パン」が発明されるまでは

記憶力も買えない。

しかし塾は努力する場所と強制力を売ることが出来る。





posted by りんご at 09:07 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。