メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年10月09日

ブログは「ひとりごと」じゃないし全世界に向けて発するひとりごとなんて危険すぎる

はてなでニュースサイをやっているんですが

今日は重くて管理画面にすら行けない。

随時更新にしているけどこういう時はきつい。

とはいってもそんなにずっとじゃないだろう。


けどとりあえずいい記事なのでここにのせたい。


『個人ブログで「悪口」 それはもう危険なのだ』



塾とは全く関係ないけど、

ブログを書く上では注意したいことだ。



むかし、ヤフー学習塾掲示板をよく見ていたとき、

いろんな人が議論していて恐ろしいな〜って思った。

けれどブログでも批判めいたことを書いているのを見るとひやひやします。

mixiはクローズドなので気を緩めると大変なことになる事例が

最近多く見受けられます。



ネットの世界っていうのは基本的に「正義」が基調だと思うんです。

正しいことが正しい世界だと思います。

これが現実の世界との差のひとつじゃないでしょうか。



それを勘違いして現実世界でちゃんとしてる人が

ネット上でストレスを発散するように

「偽悪」を演じてしまうと

ちょっとやっかいなことになったりします。



よく『〜のひとりごと』とかってありますが

全然独り言じゃないですからね。

もうすごいパブリックなものです。


パブリックなのにブログはくだけた感じで書くと

親近感をもてていい、っていうのがあったと思うんですが

スタイルをくだけた感じにするっていうのならいいのですが

内容までもくだけてしまって

くだけるだけならスルーですむのですが

批判や悪口が入ってくると

それはもう問題です。


ブログやSNSは日記じゃないし、ひとりごとでもない。

これは不特定多数とのコミュニケーションツールだ。

コメントをもらう人だけとナイショ話をしているんでもない。



あたり前のことだけど、自分のために書いておきます。





posted by りんご at 22:07 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。