メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年07月20日

考えもなしに今日を過ごすと一年後は自然増か自然減

私にははるかな目標がある。

そしてそれはすごく具体的なものだ。

これをこうしてああしてあっちはこう、こっちはこう、

という具合に頭の中で考えることができる。



(そう思っているのに部屋の中ではハエが一匹

 ブンブン飛んでいる。)




最近よく目にする言葉に

「結果を先につくってしまう」というのがあります。

ゴールから逆算して考えるという発想だ。



例えば受験に置き換えると

志望校に合格したい!がんばる!ではなく

合格するためには何点必要でそのためにはこれとあれを集中してやる必要があって

だからそれをスケジュールに落とし込むと

こうなるから今週はあの単元を覚えよう、できるようになろう

という感じだ。



(ハエはものすごいスピードで飛びまわっていて

 窓ガラスにあたってもすぐに方向をかえて飛び続ける)




もう結果は実はほとんど決まっている。

今日どういう考えで一日を過ごしているかで

1年後の姿は決まってしまっている。

そういうことが最近ちょっとだけわかってきた。



考えもなしに今日を過ごすと

一年後は自然増か自然減だ。

つまり状況に左右されるだけだ。



私は偉そうなことを書いていますが

実際はたしたことないですよ。

けど、一年後ははっきり違っているでしょう。


(窓をあけて外へ出そうとするんですが

 開けた窓にひっついて今度はじっとして動かない。)



・・・とここまで書いて

なんて傲慢な文章なんだって思ってます。




けど、自分の目標には傲慢でなければならないんじゃないだろうか?

目標にたいして遠慮していてはいけない。




確かに変化がないことは波風を立てずにすむ。

そして一応、誰も批判はしない。

自分自身に対する言い訳も立つ。



(ハエがまたブンブン飛び始めた)



小さな子供のときによく言われた、

「今、自分が何をしなければいけないかを考えなさい」

そうだ、食堂でバイトしていたときにもうるさく言われた、

「今、自分が何をしなければいけないかを考えなさい」って。




ああ、やみくもに日々を過ごすのはやめよう。

今日という日は1年の365分の1日。

日々の雑事に追われ、ルーチンワークをこなし

結局ひとつ年をとっただけというのは避けたい。



部屋の中をやみくもに飛び回るハエのようにはならないでおこう。

目的地を目指して今日を生きたい。



posted by りんご at 11:29 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。