メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年05月29日

あなたちょっと変わってるわねって言われるのなら、人に役立つようにいかしたいものだ。


どうして自分がパズルにこだわっているかを書こう。


塾を始めたときはどんな生徒でも成績を伸ばしてやるぞっていう気持ちだった。

もちろん今でもその気持ちは変わらないのですが

あの時は方法をひとつしか持っていなかったと思う。



けれどひとつの方法では様々な生徒には対応できないことをすぐに知りました。

自分の持っていた方法とは自分がしてきた勉強法です。

自分がやってきて効果のあった勉強法。

塾を効率的に運営するためには自分と似た人だけを集めて

自分のやり方を通せばいいんだと思います。

わかりやすい例では勉強の出来ない子はお断りだ。

またはやる気のない子はお断りだ。



確かにそうなのですが

生活のためにはどんな子達も受け入れました。

自然と個別指導になりました。

塾は好き。もっと言えば私のことは好き。けど勉強は嫌い。

このような生徒が確実に何人かは存在しました。



彼らは塾の授業中はあまり気乗りがせずに

ムダ話が大好きでした。

勉強ができない、または勉強が嫌いとはいっても

すべてにおいて無関心なわけでもないし

無気力な子供というわけではないのです。



彼らは自分がおもしろいと思ったことには集中しました。

興味を示し、没頭します。

「ああ、彼らは無気力な子供ではなく

 勉強に興味がないだけなんだ。」

としばらくして気付きました。



話を聞いていると小学校3年くらいから算数がわからなくなったという生徒が多かったです。

それに小学1年で算数に苦労する子が何人か塾へ来ました。



けれどみな遊ぶことは大好きでした。

遊ぶことに関しては神様は素晴らしい能力をほとんどの子供に授けていると感じました。

その遊びと勉強を結びつけるような教材があればいいのにって思いました。



さらに私は仮説を立てました。

「算数が苦手な子は幼少の頃の遊びがかたよっていて

 算数に必要な能力が未開発なのではないか?」

と言うものです。


それでそのような教材はないものかと探し回りました。

確かにいろいろ世の中には幼児向けの教材がいろいろあり

同じようなことを考えている方も昔からおられるということがわかりました。


けど、あんまりおもしろくないのです。

宮本先生の教材はすごく面白いんですが

難しいし、バリエーションが非常に少ないって思いました。



もっと簡単なもの、もっと多彩な種類でたくさんの量。

それを実現したいとずっと思っています。

勉強ができない子達を減らすためには

塾じゃないほうがいいと思いました。


それで今、CDマガジンをつくろうとおもってやっています。

協力者も数名おられます。(ありがたい)

はじめてのことなのでかってがわからず時間がかかるのですが

今はその準備をしています。




あなたちょっと変わってるわねって言われるのなら、

人に役立つようにいかしたいものだ。
posted by りんご at 11:27 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
このブログは,あちこちで目にしてとても気になっていました。
まだ,ちらっと読んだだけですが,パズルとCDマガジン,とてもおもしろそうです。

あちこちブログを読んでいると,塾の先生方はとっても熱心だなぁ…と思います。

CDマガジン,楽しみにしています。
Posted by lunar_cat at 2006年06月02日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]