メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年05月25日

自分の分身よりも優秀な人たちのほうがずっといい


最近、優秀な方たちといっしょに仕事をさせていただいています。

こういう感覚って初めてです。



仕事をすべてオープンにしようということでやっているんですが

緊張感があるし

もともとモチベーションが高い人ばかりだから

あれやってください、これやってくださいってことは

はじめの段階で済んでしまっていて

仕事に集中できます。



実際に塾で勉強を教えたりするのが仕事なんですが

モチベーションの低い生徒ってやっぱりいるわけで

その子のモチベーションを上げるのに

けっこうエネルギーを使ってしまうっていうのがあります。



人を高揚させるためには自分も高揚しないといけない

っていうのだと、勉強へ一直線じゃないんですよね。

モチベーション高い人だけが集まって何かやろうとすると

そのスピードとか意識の高さってすごいですね。

初めて知りました。



これで上手くいかないときは私の責任です。

十分能力をいかしきれなかったってことです。

上手くいかなければ違う手法、別のやり方と

次々に考え出すわけですが

能力の高い人を集めてるから選択肢がすごく広いんです。



能力が高くて、モチベーションが高ければ

しなくていい苦労が省略できますね。



世の中で言われていることが少しだけ実感できたかもしれません。

なんでもかんでも自分ひとりでやろうと思わないほうがいいですね。

今までよく人に自分の分身のように働いてもらおうって思ってたのかもしれませんが、

今は全然そんなこと思わなくて

優秀な人たちとひとつでもいい仕事がしたいと

それだけを考えています。

きれいごとじゃなくて

実際問題、心地いいんですよね。


posted by りんご at 14:11 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。