メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年05月16日

君のやりたいことと世の中の不便が結びつけばそれはビジネスだ。


今日はある方と会ってこれからの彼の事業について話した。

もっとゆっくり話したかったけど

ここに私が基本に思ってることを書いておこう。

彼が読むはずだ。

今日言い足りなかったことを書こう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

繰り返しになるんだけれど

アイデアなんてものにたいした重みはない。

世の中ではアイデアが一番尊いみたいなコマーシャルがされるが

あれはなんでもお金をだせば買えて

なんでも簡単に手に入るように思わせる幻想だからね。


10あるアイデアをひとつずつ実行に移せるものが尊い。

そのうちのひとつが当たればいいと思わない?

っていうか上手くいかなくて当然なんだよ。

だってそれらはアイデアにしかすぎないのだから。



そしてものごとを一方向からしか見られないのはよくない。

ひとつのアイデアを実現させるために

いくつかの方法をとったほうがいいよ。

だってそれが君にとってのある程度のゴールなら

もっとちいさなステップで実現していくようなものを考えるべきだ。


いや、今君がかけずりまわっていろいろな人の話をきいたり

営業したりしていることはすごく君を成長させていると思う。

けどね、これは当たりそうだからやろうっていうことって

本当に上手くいくかわからないよ。

だってそれはもともと君のアイデアじゃないんだし。

あの話は君のパートナーに任せたほうがずっといい。

彼なら事情がわかっいてイメージも持っているから

そういった人がやったほうが絶対にいい。

そっちのほうが上手くいく可能性が高い。



若いんだしはじめての挑戦なのだから

君は君の身近なところから仕事を考えたほうがいいと思うんだけど。

慣れないこと、知らないことを仕事にしちゃダメだよ。

確かめてないこと、実感が持てないことって

本当に売ることができる?

「こういうことをすれば儲かるんだけど」なんて話は

それこそ世の中にいくらでもあって

ほとんどのひとはそういったネタをひとつくらい持っているものだ。

けれど難しいのはそれを実行することだ。

もっと難しいのはそれを継続することだ。

毎日毎日クレームがくるかもしれない。

ときには対応がまずくてトラブルになるだろう。

思わぬ出費があるかもしれない。

損を出すかもしれない。

けれどそれでもやり続けるだけの気持ちがあるのかな?



文句を言ってるんじゃないよ。

そういう「気持ち」があるのは君じゃなくて

君のパートナーの方だろう。

だったらそのことは彼に任せたほうがいいと思う。



だからといって私の意見なんか聞く必要もない。

私は君が失敗して「ほら見たことか」なんて言うつもりはない。

私たちが君にアドバイスしているのは

たとえ失敗してももう一度始められるようにすることだ。

だから致命的な失敗は避けてもらいたい。




私は君の挑戦にケチをつけてるんじゃない。

私だってこれから新しいことをやるから準備中だし

知らないことが山ほどあって毎日それらを解決するために

調べたり聞きにいったりしている。




だから挑戦するななんて言ってない。

同じ挑戦をするなら自分のやりたいことをするべきだと思う。

やったほうがいいことじゃなく

これはきっと儲かる、誰も気付いてないことだからじゃなく

やりたいことから始めた方が絶対にいいと思う。



だってひとつのことを始めたらなかなかやめられないよ。

責任だってある。

だから自分の信じたことをやったほうがいい。

自分のやりたいことがわからないなら

少し考えてもいいと思う。

君のやりたいことと世の中の不便が結びつけばそれはビジネスだ。



今日から3日間くらい部屋にこもって何もしないで考えてもいいかも。

どうしてもやりたいことがみつかるかもね。

自分が行ったこともないところで

やったこともないことを人は売ることはできないよ。



どう考えたってヒントは足元にしか転がってないよ。

自分の興味あることをやる

それ以外の時間はないと思うよ。


posted by りんご at 02:50 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。