メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年04月28日

個人ニュースサイトはニュースをつくりだす場所

羅列型の個人ニュースサイトをはじめてひと月がたった。

これは誰かがすでに言っていることかもしれないが今日は思いついたことを書きたい。


言いたいことはただひとつ、個人でニュースサイトをやっていて感じることで、

自分がやっていることはニュースを作っているということだ。


始めた頃は「なんかいい記事がないかな〜」って探し回っていたきがします。

毎日毎日そういうことをやっているとある日「素晴らしい記事」に出会う。


もうその作者は何度か自分のニュースサイトで取り上げている人だ。

自分の感覚ではけっこうな数の人も読んでいるんじゃないかって思ったりする。

しかし、他の方のニュースサイト論なんか読んでるとわかるけど

多くのニュースサイト読者というのは取り上げられた記事しか読まず

その元記事の読者になることはまれなことらしい。


だから自分は何度でも同じ人の記事を取り上げる。

ちょくちょく同じ人ばかり取り上げると

「なんか関係あるの?」って思われるんじゃないかってたまに思うけど

すぐに忘れて取り上げる。

だっていいことが書いてあるから。



それである日「素晴らしい記事」に出会う。

「これはいい!!!!」って紹介する。

トップ記事の扱いだ。

すると読者が反応する。

読者のサイトにリンクが張られていて

それに関して熱く語られたりする。

また他のニュースサイトを巡回していると

自分の取り上げた記事が紹介されている。

もうそうなるとニュースだ。

ある人が「素晴らしい記事」を書いたっていうニュースが駆け回る。



もしかしたら自分が取り上げなければ

別の誰かが取り上げてニュースになっていたかもしれない。

それはそれで素晴らしいことだ。


もしかしたら自分が取り上げたから

その記事はニュースになったのかもしれない。

ニュースサイターとしては一番の喜びだろう。



いずれにしてもどんな素晴らしい記事にしたって

発見されなければ「ニュース」にはなりえない。

そう、ニュースサイターが「発見しました!」っていういのがニュースでもあるからだ。

そしてその「発見しました!」っていう感動は

ニュースといっしょにネット上を伝わっていく。

もう最後のほうは誰が発見したんだかわからないし

どういう経路でそこへたどり着いたのかさえわからないが

多くの人が「へえ、いいこと書いてあるじゃん」って思った瞬間に

それは読者にとってのニュースになる。



ニュースを羅列することは自己の表現でもあるんだけれど

同時に発信者の顔もわからないくらいに遠くまでひろがってしまうと

この世の中にニュースをひとつ作り出したことになる。



個人ニュースサイトはニュースをつくりだす場所だと思う。





参考:「ニュースを羅列することで個人のパーソナリティを表現できるって、かなり魅力的なことだ。」

   「アクセスと「顔」」
posted by りんご at 10:17 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]