メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年02月26日

もしも今からコーヒー屋を始めるなら


よく世の中で引き合いに出されるのが

スターバックスとドトールコーヒーだ。

上手に住み分けられてるとか

同じコーヒーを売っていても全く別の商売をしているとか。



もしも今、どうしてもコーヒー屋をしなければならないとしたら

どんなコーヒー屋をするだろうか?

5年前なら「その中間」って思っていた。

もしかしたら1年前でも答えは同じだったろう。

「う〜ん、どっちのお客様にも来て欲しいから」

とかってもしかして考えたりして・・・

最悪のパターンだ。

朝から晩まで1杯300円のコーヒーを年中売り続け

借金だけが残るかもしれない。



スターバックスとドトールの中間って

もしかしたらその他大勢だ。

一番商売としてやってはいけないことかもしれない。

低空飛行のまま老いていくパターンかもしれない。



(注:「〜かもしれない」を多用して
   ソフトな印象を与えるように努力しています)



じゃあ、いま、コーヒー屋をやるとしたら

どういう店にするのか?



おそらくコーヒーを売らない店にするんじゃないでしょうか。

コーヒーはあるけれど無料。

お客様はコーヒーを目的に来るかもしれませんが

実際は別のものを売る。

別に怪しいものを売るわけじゃありません。

お客様は「ああ、うまかった」と言ってお店を出て行きます。



2つあります。

コーヒーを売らないというのはお金をとらないという意味ではなく

飲み物はフリーで時間で課金するシステムです。

ありますよね、マンガ喫茶から始まって

DVDとかビリヤードとか好きなことをやる空間を売る商売。

こういうコーヒー屋が1つです。



もうひとつがキャッシュポイントをずらすということです。

(すいません、これ以上書けません。)




もちろん塾の話です。

私は塾のことしか考えていませんから

これは塾の話です。



スターバックスは中学受験を専門にしている大手かもしれないし

ドトールは全国展開中の元祖個別指導のFCかもしれません。



街の喫茶店のマスターが

「ドトールよりはうまいコーヒー出してるよ」と言うのは

見当違いもはなはだしいのはおわかりになるだろうか?

誰もそんなところで競争していない。



スターバックスの人気が出たとき

ドトールみたいなところはやっていけなくなるんじゃないかと言われた。

けれど結果は逆でドトールは業績を伸ばした。

マクドのコーヒーもおいしくなった。(関係ないか?)



私はいまからコーヒーを売らないコーヒー屋をしようと思ってます。

授業を売らない個別指導塾を始めます。

だから「りんごのところのコーヒーよりうちのがうまいよ」

っていうのは完全に見当外れです。

コーヒーのうまさを求めるならそういうところへどうぞ行って下さい、です。

これはブログをはじめて知ったことです。

全国にはすごい先生がたくさんおられる。

バケモノみたいな先生がたくさんおられる。

だからコーヒーのうまさで勝負するのは私の戦い方ではないと知ったのです。



それじゃ、「授業を売らないとはいったいどういうことだい?」ってなりますが

それはいつもチラホラ書いてることだし

これからもボソボソ書いていきます。

よろしくお願いいたします。




ちょっと急用ができたので

中断します。


では。


posted by りんご at 22:18 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。