メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年02月25日

クレームがくるような塾がしたい。


誤解を恐れずに言おう、


周りからクレームがくるような塾がしたい。


新しく生まれかわった塾はそんな塾を目指そう。


無料体験にみえたお母さんが


「こんなやり方をされるんですか!」って驚くような塾がしたい。


そしてその後の反応ははっきり2つに分かれる。


「普通の1対2の個別指導がいいですから・・・」と言われて


「そうですか、残念です」というパターンと


「ぜひお願いいたします」と言われ


「むちゃくちゃ張りきります!一緒にがんばりましょう!」というものだ。


「帰って主人と子供とよく検討いたします」とかっていう


他の塾との区別がつきにくいことはやめようと思います。



だって周りと区別がつかないような塾は


遅かれ早かれ市場から退場していくに違いない。


だって毎年毎年パワーがあってやる気十分な若者が塾をはじめるから


その他大勢は静かにしぼんでいくに違いない。



具体的なことは書きませんが


がんばりま〜す。


posted by りんご at 22:21 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。