メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2009年10月23日

本当の人生を生きる準備なんてしている時間はもともとない

昨日は看板屋さんに来てもらって打ち合わせをした。


今日のノルマの新作問題もやはり考えついた。

オセロを使った問題にする予定。

誰も見たことがない問題というものをつくるっていうのはけっこう大変。

けど不可能じゃない。

だからやる。



一生懸命に生きるっていうのは変化するってことだ。

変化するっていうのは動くってことで

ころころ方針を変えるってことではないんじゃないか。

人間の成長も人生の充実感も

どれだけ動いたかってことに比例するんじゃないか?


失敗なんて毎日する。

失敗なんてしない日がないだろう。

人生なんて生まれた時から始まっているんだから

迷っている時間はない。

本当の人生を生きる準備なんてしている時間はもともとない。

すべて言い訳。

行動を起こさないための言い訳にすぎない。



学校へ行っている期間っていうのは社会に出る前の準備期間じゃない。

人は生まれた時から社会の一員だ。

「勉強させるには早すぎるんじゃないか。もっと伸び伸びと。」なんてどうかしている。

勉強とか遊びとか分けてる時点でよくわからない。

そういう言葉があれば便利だけど、だから使ってるけど

そういう言葉は言い訳に使うものじゃない。



勉強とか遊びとか関係なく

算数って面白いじゃないか。





posted by りんご at 10:19 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。