メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年02月08日

雑談2


将来のことはいくら考えてもわからない。

しかし考えてもわからないことを考えることは無駄ではない。

不思議だ。

考えてみると世の中には「やる」か「やらない」かの決断しかない。

私がやらなければ誰かがやる。

けれどそうだといっても不利益をこうむることはない。

しかしその方面での私の発展はなくなる。



やるという決断をすれば可能性は広がる。

そもそも私を選んでもらったことが信じられない。

私がゴリゴリの利益追求型ではなく

「パズル」なんてものを取り入れているから

「教育に対してまじめに取り組んでいる」と判断された。

人はいったいどんなところでどう判断するかってわからないものだ。

もちろん私はいつでも大まじめだ。



私が「やる」決断をすれば

「パズル」を使った学習を全国に還流させることができるかもしれない。

そんな話はないがやれない話ではない。





けれどそれしか方法がないわけでもない。

そこら辺が悩むところだ。


posted by りんご at 21:31 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。