メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2009年09月30日

OMOIDE IN MY HEAD

生きた心地がしていますか?

もうヒヤヒヤして生きた心地がしないときが生を近くに感じている時です。

別に死を身近に感じてるわけではありません。

締め切りや支払いやいろんな期限に追い詰められている時というのは生きてる心地がしなくてだから逆に生をはっきりと感じることができます。


9月から新教室に移って授業をしているのですが

今日まで古い教室の片づけを行ってきました。

「なんで引っ越したんだ」と言って来週の月曜日にいくつかの塾さんが見学にこられるのですが

口ではなかなか表現できません。



今日でもう鍵を返すのですが

それっていうのは一般的な塾と言われるものを捨てるってことなんです。

今まであったものを捨てるっていうのは前進ですね。



ずっとナンバーガールを聞いて考えています。

非常に繊細な演奏です。

それで私は「受験算数の文法」というコンセプトで塾をやっていこうと新しい塾を作っています。

裏ワザとか好きな人が多くて、けど

あれって「ポケ単」みたいなもんじゃないかって思ってます。

単語をいくら知っていても文法を知らないとダメだよって思います。

ついこの間まで、ナンバーガールのことを知らない頃は

この演奏が非常に繊細なものだってことを言われても

なんのことかわからなかったのでしょう。

繊細っていう意味は

何度も同じように再現してるってことです。

まったく、何を言ってるんだってことですが

何かを伝えようと思って今日は書いているんじゃありません。

ただ今までの教室にさよならってことです。

では。




posted by りんご at 23:46 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。