メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年01月31日

もしもすべての話がぽしゃったとしたら



これからいろいろな困難があると思う。

だいたい今までにもいろいろな困難はあった気がする。

いうなれば生きるというのは困難を克服することだ。



自分が考えた教材といっても

好きなように書いていいとは思っていない。

教材というのはそれを使って教える先生が使いやすく

生徒が使いやすく

よく身に付き

尚且つ売れないといけないと思う。

もっと言えば売れ続けないといけない。




いま思うことは量をつくることだ。

あすはスタッフAさんに手伝ってもらい速攻で仕上げるつもりだ。

塾をやることと教材会社になることは

まったく別の仕事だと思った。

難しく考える必要はないのだろうが

塾で使ってるものをそのまま「お売りしますよ」では

自分が思う仕事じゃない気がする。



今の状況がどう変わろうとも(かわりませんよ)

私は今回の教材は最高のものを作る。(決意です)

これから販売のための教材作成を加速させる。

9月にはアメリカへ行く。





もうそれは決まっていることだ。


posted by りんご at 20:46 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。