メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年01月28日

水で薄める〜証明の迷路


数学の「証明問題」が苦手らしい。

いや、何人かの人に言われたんです。

「迷路で証明?」って私が思ったんですよ!

言うだけなら誰でもできるって言葉があると思いますが

「迷路で証明」って私には思いつきもしませんでした。

いろいろな方がおられるし

いろいろな考え方があるんだな〜と改めておもいます。


もちろん「不可能っぽいから考えな〜い」ではなんの進歩もありません。

「迷路で分数!」ということを考えたから

様々なバリエーションが生まれたことを私は忘れない。


昨日S先生とふたり「どう思う?」って話してたんですが

またS先生も突拍子もないこと言い出すし

すごいな〜って思ってます。

S先生が出したアイデアをあと10倍〜100倍水で薄めないと

生徒がやっていても面白みを感じないとおもう。



つくづく思うのですが

新しいことを考えるっていうのは

原液を水で薄めていく作業に似ています。


余談ですが「水で薄める」というとMIO先生の名作がありましたね。
 まだお読みでない方はこちらからどうぞ。




やっとここまで思いついたぞ!っていうところから

本当の創作というものは始まる気がします。

だからはじめに書いておきますね。

(偉そうに聞こえますが)私の迷路は思い付きではありません。

思いつきはほんのきっかけです。

そこから考え始めて深く深く掘りすすめます。




けど、証明の迷路を考える前に

皆様の感想をもとにローマ字迷路を完成させます。

ご意見いただいた皆様、深く感謝いたしております。

心より御礼申し上げます。



では。


posted by りんご at 13:14 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。