メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年01月02日

学習塾いろはブログ「ふ」



「ふ」

「舟に刻みて剣を求む」(いろはかるたじゃないですが・・・)



これはいつも書こうと思っていることだ。

そのうちに書きたい。


ところで、親の頃の学校の評価と

今の評価が違っている場合進路決定がややこしくなる。

なかなか昔、刻んだあとを気にされる方も多い。

そして10年後の評価を言っても

もちろん誰も聞く耳をもたない。





「こ」

「子どもの受験に親が出る」



まあ、これはしかたないですね。

中学受験まではって言われます。

私はよくわかりません。




「え」

「縁の下の力持ち」(そのまま)



これは塾の姿そのままですね。

私はあくまで裏方です。

けど、力持ちでないといけませんね。

がんばろっと。




「て」

「提出物の好きな学校の先生」



なんてことを言うんだ!

提出物は内申点に大きく関係する。

提出物は仕事で納期を守ることの大切さを教えてくれているんだ。




「あ」

「商い三年」(これもかるたじゃない・・・)



うううう・・・

商いは3年やらないと利益が出ないそうですが

3年以上たちましたが、もうちょっとがんばらないと。

石の上に5年でも10年でも!




「さ」

「去るものは追わず、来るものはたまに拒む」



退塾希望者を引き止めたことはない。

辞めたい人を引き止めて教えていく自信がない。


入塾希望者を全部入れたこともない。

・・・面倒を見させていただく自信がありません

と断るしかない場合がたまにある。



おっとしゃべりすぎた。


では。


posted by りんご at 12:32 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。