メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年11月18日

英語ってどうやってしゃべる?っていうか使い方って知ってる?2

実際にこんなこと書き始めるとは自分でも思ってもみませんでしたが
好きなサイトのひとつである ハックルベリーに会いに行く

「英語に圧倒的に一人勝ちする7つの言い回し」

というエントリーを書かれたら今現在1478のはてぶコメントがついているので
こういう情報を欲している人は多いんだなって思い
私もひとつ書いてみようって思って書いているわけです。
はてぶされるには独立したエントリーになってないと無理っぽいですが
それが目的ではないのでぶつ切りで書いていきます。
時間的にそれしか無理ってことで。
個人的にはまなめさんが英語を上達すればいいかなってことで。


前回の詳しい説明をしますね。
この説明が結局違いですから。
ですから実際の本は例が少ないんですよね。
言葉で書かれてしまっているんです。
具体例をたくさん書かないと本当は無理なんです。


「パターンにあてはめる」


もうこれが8割です。
われわれは真に独創的な言葉は話さないってことです。
私たちは生まれてからこのかたずっと日本語のパターンをインプットしています。
「こんな新鮮な文法ってはじめて!」っていうものには出会いません。
(実は現代詩なんかではたまにあるのですがそれは別です)

すべての文法は新鮮ではない、ということです。
英語で話すときに文法で話そうとしてはいけません。
パターンにあてはめて文を作って話します。
その時に文法に則って作るということです。
当たり前すぎですが。


@人称代名詞を完璧にする


これがもう半分。って言いすぎかもしれませんが
8割の半分って感じです。
ここで感覚を身に着ければあとは機械的なものだと思ってます。
人称代名詞をちゃんと使えるかどうかが英語の入門です。
(私にとっての)


何を言ってるのかというとI, my, me, mineのことを言ってるんですよね。

これがちゃんと使えるかってこと。



すいません、興が乗ってきたのですが

今から授業ですのでまた続きを書きます。

人称代名詞の続きです。

まだ何もいってませんから。

では。






posted by りんご at 14:55 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。