メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年11月01日

ミミズジュースを飲もう!

今回ハロウィンパーティをやってみて自分自身学んだことがある。

今までもハロウィンだけはやってきたけど

どうしてほかのパーティは続かないのに

これだけは毎年やってきたのかってことだ。




私はハロウィンが好きなんですが

今回やったことというと

・トイレットペーパーぐるぐる巻き競争

・ネズミと目玉投げ

・ミミズジュースを飲もう!

・ハロウィンじゃんけん

という単純な内容でした。



準備といえばミミズジュースくらいで

これはスタッフFさんに家で紫色のゼリーを作ってきてもらった。

あとは飾りつけとアダムス・ファミリのDVDを借りてきて再生していたくらいです。



子供たちが喜ぶ姿を見てやっと気づいたのですが

われわれがやっていたことはすべて家庭では

「やってはいけません」と言われていることばかりだったのです。



トイレットペーパーぐるぐる巻きなんて

物を大切にしなさいとかエコとかの考え方からしたらとんでもない競技です。

家でやったら間違いなくおこられます。



その次のネズミと目玉投げはもうそのもの自体がベトベトだし臭いし

気持ち悪いし悪趣味です。

それをホワイトボードに投げてチョコレートとかあめ玉をもらうというものです。

ネズミとかえぐ過ぎですから。

家なら壁が汚れるからもうおやつ抜きぐらいのお叱りを受ける遊びでしょう。



そして子供たちがずっと期待していたミミズジュースは

だいたい名前からミミズですから家では絶対に飲みません。

まあ、塾でも普通は飲まないですが

不健康な色のゼリーにひも状のグミをミミズの長さに切って

ラムネと丸いグミを入れてその上からソーダを入れたり

コーラを入れたりグレープジュースやファンタを入れたりします。

それを透明のコップで飲むのですが

泡が出て気持ち悪いけどおいしかったです。


だいたい食べ物をミミズとかにたとえたら怒られますよね。

コーラとかグレープジュースとかファンタを混ぜて飲んだら怒られますよね。

「先生、今度はお茶も混ぜたい」ってひとり言ってました。



パーティっていうのは非日常なんですよね。

非日常なんだからいつもと反対をしたほうがいいんですよね。

パーティなのに「おりこう」っておかしくはないけどつまらないですよね。



なんかちょっとわかってきた気がします。

塾で勉強とか教えるのが仕事なんですが

「正しくあろう」としすぎてしまいます。

正しくある必要なんかないし

おりこうである必要なんかない。

「塾」ってもともとそんなところかな?




では、また。



posted by りんご at 22:14 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。