メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年10月24日

書く前から名著の予感

想像すればするほどこれは名著になる、という予感がする。

おそらく50ページまでの薄っぺらな問題集になると思う。

けれどこれをやれば立体の切断がスラスラ解けるようになるだろう。



ありえない易しさから始めて灘、東大寺のレベルまで持っていく。

結局は次元を下げるというひと言に尽きる。

私はずっと教具を考えていたのですが

これは筆算だと今日わかりました。



立体という3次元を2次元の平面に変換することで

これらの問題は作業に変換されます。

作業というものは習熟すればいいだけの話なので

どんどんやってもらえばいいということになる。

マスターしたら他のことを勉強すればいい。

もう立体のことで悩まなくていい。



あとは作るだけです。

欲しい人はたくさんいるので急ぎます。




では。


posted by りんご at 19:21 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。