メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年07月19日

自分の塾の長所

夏休み中の講習会のやりかたを変えて

それで募集をしてみたのですが

どうも考えてたような結果にならずに

つまりこの講座はいいぞと思っていたものの人気がなく(特に1,2年)

予期していなかったものの人気が高かったりして

いつもと違うやり方をしてよかったです。



つまり通常は個別の塾なのですが

夏休みは授業形式もやろうとしたのです。

けどそれをやるとうちのいいところが消えてしまうみたいです。

あんまり意識してなかったのですが

うちの長所は「時間の面で融通が利く」というところらしいです。

なるほど、そう言われてみればって思いました。

(それしかいいところがないっていう意味じゃないですから)


今回はじめて日も時間も決めましたから

いつもとは違います。


この夏は普通の塾みたいに夏期講習をするぞ、って思ってたのですが

そもそもうちにそんなことは求めてなかったんですね。

時間をきっちり決めるというのは塾側の都合ですからね。

そういうことを今日面談でお母さんに言われました。

「時間にルーズなところがいいところなんじゃないですか!

 あれ、ルーズっておかしかったですか?」

「いえいえ、本質をついてますからいいです」


なるほど、他の塾が時間をきっちり決めてやっているんだから

うちが同じようなことしたら内容とかって関係なく

見た目で区別がつかなくなるんですね。


いままでの夏講はたとえば30日間開けてますから

その間に来てくださったら結構です。

はじめに何時間来るか決めてそれで行きましょう、がんばりましょう、

っていう大変ルーズなものでした。

テキストはこれとこれとこれと3種類くらいあるのでその子にあったものを使います、勝手に決めますね、では。

みたいな感じでした。

今回は1種類。


確かに違いますよね。

人の意見を聞いて自分のことをちゃんと見てませんでした。


すぐにスタンダードを見てしまいます。

そしてそのスタンダードが正しいと思ってしまいます。


何が正しくて正しくないなんてことはないんですよね。

成績が上がればいいし、お客様が満足すればいいんですよね。



ということは、これからもっと自分のところの長所を伸ばしていけばいいんですね。

変に集団授業とか考えるのはやめて

「おまえ大丈夫か?」っていうような塾にしないと。

スタンダードがマスにはウケるのですが

もう無視します。

「そんなの塾じゃないよ」というような塾を作ろう。

なんだ、好き勝手信じたことをやって、一部のお客さんの意見をしっかり聞いて

たとえば電話で問い合わせとかで「はあ?」とか言われるのを無視して

自分の塾の魅力を増幅させようと思います。

「はあ?」って言われるのはそんなものは

勝手に言ってもらえばいいことで

大手の電話番号を教えてあげればいいんですよね。



では。



posted by りんご at 21:38 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、ちょうど今日あまりにしつこく電話がなったのでM塾の電話番号を伝えて切りました(笑)

Posted by ヒカリ at 2008年07月23日 05:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。