メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年11月30日

恥ずかしいことをやろう

って別にたいしたことじゃありません。

けれど今の自分から成長するためには

ちょっとくらい恥ずかしくても

自信がなくても

ヤバいんじゃないっていうのでも

やってみると必ず成長するって思っています。


嫌ですよ。

恥をかくのは。

カッコつけてるほうが楽ですからね。


何を言ってるかって

そう、自分の塾を他の先生に見てもらったり

アドバイスもらったりすることや

教材をみてもらったりすることです。

ホントにドキドキします。


私は喜んで作ってますが

「すいません、りんごさん、けどこれって・・・」

って言われなくてもその顔が語っていたら

嫌じゃないですか。


う〜ん、

けどね、やるんです。


日本の総理大臣やアメリカの大統領って

むちゃくちゃ言われるでしょ。

それこそ何かをやればいろいろ言われる。

それはそれだけの立場に立っているってことですよね。


近所の酔っ払いのおっさんの批判はそんなにしない。

「まあ、仕事でいやなことがあったんだろう」ってみな優しい。

けれど総理やミスター・プレジデントが国家のことを考え

誰もやらなかったことをやれば

そりゃ、もう、大変で

「絶対に裏がある」「票集めだ」「それにより不利益を被る人が出る」

もう言いたい放題だ。




あれれ、なんでこんなことを語っているんだろう?


だから私は「なんじゃ、この迷路?

こんなので勉強になるの?

親が納得する?は?

っつうか、だいたい何なの?

このふざけた名前、りんご熟、あ、塾か」

って言われても世に問うてみたい。



冷たく無視されてもつくり続ける。




前からずっと言い続けていますが




私が本当の本当に可能性を見出しているのは



パズルじゃなくて迷路です。




賢い人はパズルやってください。





私は迷路を作ります。




(そのあとパズルします。)



では。


posted by りんご at 21:14 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。