メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2016年09月26日

恩人とは

恩人というのは親切にしてもらった人ばかりではないんじゃないでしょうか?



思い出しますよ、10年前

結果が出る教材を作って販売していたんです

りんごパズルとして。



そうしたらよく言われました、

「君の塾って中学受験してないよね

 結果が出てないよね

 それで教材を作って売っても信憑性がないよね」

これに似たようなことを本当に面と向かって言われました。

よく言いますよね

まあ、親切な方だったんですね。



それで3年ほど教材を販売していたのですが

そういえば本も出したりしたのですが(エール出版社で2冊)

あまりに売れないし、うるさいので

「じゃあ、わかったから

 自分の塾で結果を出すから」

ということで販売を中止して

自分の塾で結果を出すことにしました。



結果を出すのに一番いいのは算数オリンピックが全国区ということで

私は算数オリンピックをはじめました。

7年たちまして、8回挑戦しました。

(1回目は1ヶ月しか準備期間がありませんでしたね。)



それで結局、8回目の挑戦でジュニア算数オリンピックの金メダルをとりました。

別に証明しなくても信じてくれたらいいのにってよく思います。



それで感じたのですが人は結果を出さなければ信じない

そして結果を出すための授業が最もいいものだと



見た目が良くても仕方がないですよね。

思い出をつくるために塾に行くわけじゃないですからね

結果をつくるために塾に行くわけですよね。



でもこんなことが言えるのも

7,8年前に私に厳しいことを言ってくれた人のおかげですね。

あの時、バカにされていなかったら奮起してがんばらなかったかもしれません。

だからどんな人だったかも覚えていませんが

あの人は私の恩人です。





posted by りんご at 20:32 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

算数オリンピックでメダルをとるためには 8

朝から今日はよく働きました。

今も働いていますけど。



2年前にとある幼児教室の社長が社員を連れてうちの塾を見学におこしになったことがありました。

その時はうちの塾の授業がガチャガチャしていると言っておられました。

なんでしーんとしていないのか

なんでしーんと集中して勉強していないのか

なんで集団で統率のとれた授業じゃないのか

などと言っておられました。


私には意味がわかりませんでした。

だってそこの幼児教室がどんな実績を出したというのでしょう。

うちは2年前は算数オリンピックの小3部門

キッズBEEで金メダルと第1回長尾賞をもらっていましたからね。

結果が出ている教室にダメだしする意味がわかりませんでした。




私は見た目がすごい授業、

親が見てステキな授業

楽しい授業

みんなが集中して課題に取り組んでいる授業

等々全くどうでもいいと思っています。


私はただただ結果が出る授業しか考えていません。

授業の見た目が面白そうで親受けが良かったら

生徒数が増えて良い塾なんでしょうかね?


爆笑ですよね。

意味が不明すぎますね。

結果が出ていない人が結果を出した塾の授業にダメ出しをする

疑問に思い、これはよくないですねと言う。



彼らにとっては教室数が結果なんでしょう

生徒数が結果なんでしょう

そう考えたら私の塾はボロボロですね。

生徒数はそんなに多くないですから

今年算数オリンピックに挑戦したのは5名しかいませんから。



そうですね、人は現在の状態で比べるのでしょう

私は未来を見ていますから

未来にどれだけ評価されるかしか見ていないので。
posted by りんご at 20:02 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。