メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2014年08月25日

来年も彦根から金メダリストを出したい。長尾賞もとりたい。

先月7月26日の夕暮れ

算数オリンピック協会のHPで

発表がありました。

あれからひと月弱、

自分のなかではいろいろなことが変わりました。



はっきり言って算数オリンピックに力を入れていると

本当に経営的に苦しくなります。

3年前は本当にかなりギリギリで

奇跡的にそろばんを始めてたくさん集まっていただいて

なんとかやっておりました。

毎年100名くらいずつ生徒数が増えているのですが

そうでなければ完全にアウトでした。



それでも算数オリンピックに挑戦する生徒は

毎年7〜8人です。

問題の難易度が高過ぎて誰でも挑戦できるというものではないんです。



7〜8人でメダルをとろうと思うと

ミスが許されません。

私の指導のミスが許されないんです。

調整がちゃんとできていないと

試験当日に実力がでませんから。

もうスポーツと同じなんです。



今年はやっと金が取れて長尾賞もいただけたので

来年もぜひメダルをとりたいと思います。

小学校1〜2年で挑戦したい方がおられましたら

ぜひご連絡ください。

彦根は人口11万人しかいなくて

この中から戦うしかないんです。

それでも勝てるということを今年は証明しました。



私はこれからも算数オリンピックで勝負したいと思います。

もうなかなか苦しかったのですが

これで行くしかないと思いました。

よろしくお願いいたします。



ご連絡はHPからお願いします。


yoyogi.jpg





posted by りんご at 16:16 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「未来の数学者に「長尾賞」贈る 早世31歳の遺志継ごう」西日本新聞

未来の数学者に「長尾賞」贈る 早世31歳の遺志継ごう
2014年08月24日(最終更新 2014年08月24日 18時45分)


 算数の才覚に優れた小学生らを発掘する算数オリンピックの表彰式が24日、東京都渋谷区で開かれた。小学1〜3年の部門の成績優秀者には、昨年、がんのため31歳で早世した数学者長尾健太郎さんをたたえて、新たに創設された「長尾賞」が贈られた。
 算数オリンピックは、世界的数学者の広中平祐氏らが提唱し、1992年に開始。今年は6〜7月、国内からは4千人以上が挑んだ。中学生部門の「広中杯」はあるが、それ以外の人名が冠された賞は初めてだ。
 受賞したのはともに小学3年で滋賀県彦根市の小出慶介君(8)と京都府の鈴木海聖君。
 小出君は「問題が解けるとすっきりする」と話した。



===================



昨日は東京、代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターに

算数オリンピックの表彰式に行ってきました。

小3部門でやっと金をとることができました。

そのうえ、今年から新設された「長尾賞」をいただくことができました。


長尾さんのご両親の話を聞いていると

涙が出て来ました。

われわれは本当に惜しい方を失いました。


私が出来ることは才能ある小学生を伸ばすことです。

彦根にある小さな塾ですが

これからもそのことだけに特化していきたいと思います。


posted by りんご at 15:56 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

「近江・小川投手が鳴門打線を完封 高校野球」


1回戦、彦根の近江高校が勝ちました。
2年生でエースの小川良憲君がすばらしかったですね。
また多賀監督の采配も光りましたね。

小川投手が小学生の時に算数を教えていました。
当時から野球少年で、日焼けしていましたね。
算数を教えていただけで
野球で活躍することとは何の関係もないのですが
とにかくうれしいですね。

次の試合がとても楽しみです。




「近江・小川投手が鳴門打線を完封 高校野球」

(中日新聞)


 滋賀大会の勢いそのままに近江が快勝した。第九十六回全国高校野球選手権大会六日目の十六日、近江は第一試合で鳴門(徳島)との二回戦に臨み、8−0で制した。

 駆け付けた保護者や在校生らで「近江ブルー」に染まったアルプスからの声援を受けた近江は二回、5本の長短打で5点を挙げ流れをつかんだ。小川良憲投手(二年)は要所を締めて完封し、投打で圧倒した。三回戦は大会十一日目の二十一日第三試合(午後一時開始予定)に決まった。対戦校は十七日以降の二回戦勝利校から抽選で決まる。

◆自己最速の145キロ記録 小川良憲投手

 小川良憲投手(二年)は、徳島大会四割四分九厘と強打を誇る鳴門打線に9安打されるも、要所を締め完封。

 「直球のキレとコントロールが良かった。ストライクを先行させて打たせて取ることができた」

 立ち上がりの一回、一、二番打者にコーナーを突く投球でテンポよくアウトを取ったが、中軸に捕まり二死満塁のピンチを招く。だが、「一点はOK」と楽な気持ちで投げ、後続を断った。

 また、一回には自己最速の145キロを記録。「信じられなかったが、甲子園で自己最速が出せてうれしい」と自身の成長を喜んだ。

 2死球や三者凡退が少なかったことを課題に挙げ「今日の投球は七十〜八十点。次の試合に向けて調整したい」と次を見据えた。

 (安永陽祐)



posted by りんご at 10:47 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「彦根の中学生ペアが世界3位 ロボカップサッカー」

彦根の中学生が結果を出しました。

算数オリンピック小3部門に続いて

世界大会で3位です。

凄すぎですね。



「彦根の中学生ペアが世界3位 ロボカップサッカー」

中日新聞


 七月十九〜二十五日にブラジルで開かれた自律型ロボットの性能を競う世界大会「ロボカップ2014」のサッカー競技に、日本代表で出場した彦根市南中学校の馬場竣平君(14)と東中学校の石橋尚之君(14)=いずれも三年=のチームが、三位の成績を収めた。十四日、二人が彦根市役所を訪れ、大久保貴市長に結果報告した。

 二人が出場したのは、ロボットの重量千百グラム、年齢十五歳以下のライトウエート・プライマリー部門。米国や中国など計十三チームが出場し、七試合対戦。最終の三位決定戦ではドイツのチームを破った。

 縦百八十三センチ、横百二十二センチのコート内で各チーム二台のロボットが試合をするサッカー競技。事前に、赤外線を発する電子ボールをゴールに入れるまでのプログラムをパソコンで作り、ロボットの内蔵メモリーに取り込んでいる。

 三年前に市が催すサッカーロボット講座で知り合った二人は、一昨年夏にチームを結成。世界大会に向け、鉄パーツをプラスチックに変えて軽量化したり、モーターを替えてスピードアップを試みたりと万全の準備をしてきた。

 大会を振り返り、馬場君は「ロボットが思い通りに動いてくれて努力のかいがあった。いろいろな国の代表と対戦できてとても良い経験になった」。石橋君も「いまだに三位になったのが信じられないけれど、彦根の代表として恥ずかしくない成績を残せてよかった」と話した。

 地元中学生の活躍に大久保市長は「素晴らしい」と二人をたたえ、「大会での経験を生かし、優勝目指して引き続き頑張ってほしい」とエールを送った。

 (曽田晋太郎)




posted by りんご at 10:25 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

今年で4年目の長野合宿

長野県飯山市に合宿に来ています。
今日が最終日。

12日から今日まで。
算数パズルで中学入試問題を解く
というテーマでやってきました。

生徒さんは首都圏からです。

もっとブログを書けば良かったとおもいました。
また書き始めればいいんでしょうね。



884D2D24-F7F2-41B5-83BF-37BC9FEE8D2F.jpg75614CC4-E219-4E52-8503-2C278A32A23B.jpg
posted by りんご at 09:25 | よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

100万円をもらうのと1〜10円をかけたお金をもらうのとではどちらがいいですか?

「100万円をもらうのと1〜10円をかけたお金をもらうのとではどちらがいいですか?」

というメルマガの内容のです。

早稲田中学の問題の解説で昨日の続きです。



世の中には賢い人が多いのですが

小学生がよろこぶ解説をしてあげないといけませんよね。



早稲田の問題だからといって賢そうに解説するより

100万円をもらうのと1〜10円をかけたお金をもらうのとではどちらがいい?

っていうことをメインのトピックにして

問題解説はそのおまけでいいと思います。

それが算数好きをつくることになりますから。




初公開の裏技公開してしまいました〜

posted by りんご at 21:20 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風接近のため本日の指導は中止します


台風接近のため本日の指導は中止します。



模試も18日以降になります。



現在、滋賀県に暴風警報が発令されています。



本日夕方まで暴風圏内に入っている予定です。



お気をつけください。


posted by りんご at 09:21 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

『早稲田中学の連続した12個の整数の和』

メルマガ配信予約しました。

もうすぐ届くと思います。

本日は

『早稲田中学の連続した12個の整数の和』

面白いですよ。

今日は(1)だけの解説です。

明日は(2)です。

明日の内容は普通の塾の先生は言わないような裏技を書く予定です。

お楽しみに。



posted by りんご at 21:55 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

『麻布中学の100回目の満月の問題』

メルマガ発行しました。

今回は麻布の問題。


麻布中学は過去10年間で
このような周期算・規則性という問題が
7回出題されています。
ご存知のように
普通の計算問題は出ません。笑


ぜひメルマガにご登録ください。


よろしくお願いいたします。
posted by りんご at 21:55 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする