メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2014年01月26日

話を聞くにも技術があるのはご存知ですか?

反応のない聴衆に向かってしゃべるほど不安なものはない。

だからセミナーで聞くほうにまわったらできるだけ反応するし、質問をする。

「お前の話を聞きにきてるんじゃないから黙れ」とか思われようが関係ない。

質問があればその場でどんどんする。

ほとんどの人は講義というものはおとなしく聞くものだと思い込まされている。

それは大きな間違いだ。



人の話や講義というものはできるだけうるさく聞かなければならない。

すばらしいセミナーや授業というものはガチャガチャしたものだし、騒がしいものだ。

そうすると他の受講生も「質問していいんだ」って思い、

どんどん質問するようになる。

活発な集まりになる。



セミナーを受けるときは、

講師の先生に気持ちよく話してもらい、

先生の知識を引き出すことが重要だ。

要求しないものは出てこない。

お金を払ったから、とか関係ない。



そしてもっとも大切なことは一緒に参加した人にセミナーの受け方を教えてあげることだ。

参加者は講師の話から学ぶし、その場の雰囲気から学ぶ。

その雰囲気をつくるのは聴衆だ。

雰囲気の作り方がわかればどのセミナーに行っても収穫がある。

そういうことを意識的に行うべきだろう。


posted by りんご at 15:51 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。