メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2009年07月29日

雑記

メルマガを発行いたしました。

今回は前回に引き続き、回文数の問題です。

前回は東山中学の問題で今回は洗足学園中学の問題です。

どちらも算数というよりなぞなぞに思えます。



今回はちょっと長めに書いてみました。

最近働いても働いても仕事が減らないという状態です。

儲かればいいのですが貧乏ヒマなしという感じでしょうか。

単純にもう一人講師がいれば、っていうことかもしれません。



では、メルマガのほう、よろしくお願いいたします。

posted by りんご at 21:50 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

ハッピーな塾を作りたい

最近、ほとんどブログを更新していないのですが

ひとつ強く思うことはハッピーな塾を作りたいですね。

ハッピーな職場を作りたいです。



苦労はいろいろすると思うんです。

苦労のない人生なんてないんじゃないかと思いますし

どこまでいっても悩みは尽きないと思います。



けれどありふれた言葉だけどハッピーな状態っていう

そういう精神状態ではいたいですね。

人を妬んだりすることなく

自分たちがやっていることに意味を見出せるような職場にしたいです。




きゅうりとか茄子が異常においしい季節です。

なんか毎日決まって豪雨が襲ってくるんですが

もう夏だし、今年もあと5ヶ月くらいしか残ってませんね。

今年中に本を仕上げたいものです。




では。


posted by りんご at 22:00 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

『45で割り切れる7けたの整数のなかで、4番目に大きいもの』


12321、648846、9170719のような左から見ても
右から見ても数字のならびが同じ整数について、次の問いに答えなさい。

(1)15で割り切れる7けたの整数の中で最も大きいものを求めなさい。

(2)45で割り切れる7けたの整数のなかで、4番目に大きいものを求めなさい。



なかなか面白そうじゃないですか。
こんなの小学生で解き方わからなかったらぼんやりトイレとか
電車に揺られながら考えるのもおつですよね。

(以下、解説。)



まず15で割り切れるっていうのがどういうことでしょうか?
当たり前のことですが、15の倍数ってことですよね。
けどまあ15っていうのは3×5のことです。
3と5の公倍数っていうことは3の倍数であり5の倍数であるものです。

5の倍数ってなんでしたっけ?ってことですが
それはもう一の位が0か5です。
7けたの整数ですから0だと7けた目が0になって6けたになってしまいます。
ですから必然的に7けた目と1けた目は5ということに決定です。

そして3の倍数ってどういうこと?ってことだけど
それはもう各位の数の和が3の倍数ってことです。
たとえば111とか111111とか1113111ですね。

問題は最大のものってことなので9をたくさん使いたいものです。
それで599□995というものを考えましょう。
この□のなかを調節して和を3の倍数にすればいい。

だから□には3、5、8が入ります。
最大ですから(1)の答えは5998995



次の45で割り切れて4番目に大きいものってことですが、
まず45で割り切れるってどういうことか?
9×5で考えると上の問題につながります。
9の倍数っていうのは同じように各位の和が9の倍数ならOKです。

(1)の各位の和は偶然にも18なので9の倍数です。
ですからこれが最大。
真ん中が8なのでそのとなりをひとつ減らしていきましょう。
5998995
598□895
597□795
596□695

最後の□には5がはいるので
5965695というのが(2)の答えです。


(09年 東山中学前期の問題でした)



前回のメルマガの内容でした。
やること多いけど、やるしかないな。
締切多すぎ。


YouTube - ICHIRO - イチロー Progress -MLB - プロフェッショナル(スガシカオ)
posted by りんご at 02:22 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

単位

受験算数で重要なもののひとつに「単位」があると思う。

時速、分速、秒速、やmとkmがいっぺんに出てくると間違いをおかしやすい。

ミリリットル、デシリットル、キロリットルなんかもなかなか実感できないので間違いに気づきにくい。



単位の換算にストレスを感じない子は成績もいいように感じる。

全く関係ないけど英語を話す時って時制や「三単現のS」や複数形か単数形かにすごく気をつけるけど、

似たような感覚だ。

初歩の段階だと時制も単複もでたらめな場合が多くて

そこまで気をつかってる余裕がない。

知ってる単語を並べてるだけのような英語になる。

算数の文章題ではじめに時間で次にメートルでってきた瞬間にどちらかの単位のグループに合わせないといけないって普通は思う。

単位って仲間どうしだから。



ハクスリーの『すばらしい新世界』だったかオーウェルの『1984』だったか忘れたけど

単位を統一したり、言葉の種類を減らしてみたりする学者がいた。

「楽しい」の反対は「悲しい」ではなくて「楽しくない」で十分だ、とか・・・。



長さの単位はメートルだけに統一してキロとかミリとかいらないじゃないかってたまに小学生が言う。

時速と秒速ってそんなにたくさん単位なんかいらないじゃないか、

もっとわかりやすくして欲しい、って。

けど、ものごとって入門者にわかりやすいかどうかで決まってくるんじゃなくて

それを毎日使ってる人に便利に作られているものでしょう。

はじめてみた人にそれがややこしかろうがわかりづらかろうが関係ない。



なんで「三単現のS」なんて必要なの?って言われるけど

外国語の文法に文句を言ってもしかたない。

Sがつかないと聞いていておかしく感じるんだからしかたがない。

ややこしいとかそういう問題じゃない。








posted by りんご at 14:58 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

けど本当に伸びるときって

やってられない、とか

こんなに苦労してるのに、とか

どうして自分だけ、とか

こんなことしても誰も気づいてくれないんじゃないかっていうような

そういう状態を抜けた時だろう。



批判されたりするのは当たり前のことだ。

自分から目立とうとしているんだから。

どんどん目立って

どんどんやりたいことをやればいいんだと思う。



学生だって社会人だって同じだろう。

抽象的な書き方で申し訳ないけど

すべてのことに完璧にってことはありえないわけで

80%くらいで進んでいかないとどうしようもない。




これから40年は生きたいものだ。

その時にすべてがなつかしく思えるようにするためには

自分の考えでわがままに生きるということだろう。

それは無理っていう意見を普通に無視することだろう。




思いっきり生きたいものだ。

諸々のことは関係ない。
posted by りんご at 19:01 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログは情報発信の場か?

情報発信しやすいメディアではあるけれど

受け取り手が受け取りやすいかどうかはわからない。

それは毎日読んでいたらその役割を果たすけど

検索で来たときには日記形式で見せられても、ってことになるだろう。



そう考えるとメルマガか

またはホームページがいいかもしれない。

サイトの設計ができるものがいいんじゃないだろうか。



私の性格からダラダラとしたブログというものが合うのですが

これからはHPを充実させようと思う。

全体像がつかみやすいのは圧倒的にHPだと思う。
posted by りんご at 17:43 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

パズルパック初級1

近日中にパズルパックの初級1を発売いたします。
ぜひご注文ください。

内容
<データCD>
あみだくじパズル 6問
ハニカムパズル 10問
数字・数列つなぎ 6問
立体足し算 10問
立体ナンプレ 10問
マークはどこに? 5問
天才プリント 10問
タングラム 8問

<冊子>
83ページのオリジナル問題集

<ウッドパズル>
『見いつけた!テトロミノ』

<解説DVD>



ご注文はこちらから
http://www.ringopuzzle.com/order.html


よろしくお願いいたします。


パズルパック2も製作中
中学受験計算パック1も製作中です。
夏休みにカッコの計算と□の計算問題をマスターしましょう。
posted by りんご at 01:04 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「解決しようとするな、乗り切れ」

P・ドラッカーの言葉だそうですが

「解決しようとするな、乗り切れ」という言葉があります。



さまざまな生徒を前に塾講師は考えます。

この生徒の学力を上げるにはどうすればいいのか?と。

けれど根本的に学力やその子の能力をどうこうしようというのは自分の仕事だろうか?





私が出来ることなんて生徒の能力が伸びるのをせいぜい邪魔しないようにすることだと思っています。

学力不足に悩む生徒の問題を解決しようとすると

これはとんでもない労力と時間を必要としそうです。




塾の講師が出来ることは目の前の受験を乗り切ることじゃないでしょうか?

そう、あっさりと考えようと思っています。

自分が見られる学力の生徒で

面倒見られる人数の生徒だけを

しっかりと見ていけばいいんじゃないかと思っています。




あたり前のことをあたり前にするために

教科も限定して

人数も限定しようとおもいます。


posted by りんご at 00:32 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

メルマガ発行いたしました。

先程、メルマガ書きました。

『45で割り切れる7けたの整数のなかで、4番目に大きいもの』

よろしくお願いいたします。

posted by りんご at 23:47 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

夏休みに向けて

現在、作成中ではあるのですが

7月中旬にはパズルパックを発売できそうです。


今までのパズルパックの続編のようなものがひとつと

小学1年〜3年くらいまでの初級をひとつです。


それと計算ドリルの校正を何回もやっています。

気が遠くなります。

大カッコ、中カッコ、小カッコの計算問題が120ページ

箱の計算ドリルが57ページ

小数の工夫して解く計算ドリルが20ページ

おまけ用の分数のドリルです。


箱の計算ドリル以外は簡単すぎるものは省略しています。

教科書レベルとかっていうのは、なしです。

中学受験専用の計算ドリルの準備をしています。

なんとかこの夏休みに間に合うといいと考えてます。


では。
posted by りんご at 14:05 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

塾長の仕事って?

もちろん私の塾では私がメインの講師であるので授業はしています。

しかし塾長としての仕事をしてきたのかって考えると

やっているときとやっていないときがあると思う。



そもそも塾長の仕事ってなにかってことがある。

私の答えは3年後、5年後に今の塾をどうしたいかっていうことを考えることです。(人の考えはどうでもいいので「それは違う」とか言われてもスルーするだけ・・・)



ブログを更新せずに何をやっているのか、って言われるのですが

塾長の仕事をしています。

3年後どうなっていたいか、ってことを考え具体的に動いているというだけです。

やめることを決め、やることを決めました。



具体的にどういうことかというのはもちろん書けるものじゃないです。

それは私の仕事ですから。

だって考えて決定するのが私の仕事ですから。



では。
posted by りんご at 10:51 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする