メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2009年02月27日

読書の必要性〜「人生で大切なことはすべてかいけつゾロリで学んだ」

ベタなタイトルで申し訳ありませんが

私は読書は必要だと思っています。

(そんなの、お前、当たり前のことじゃないか、って言われるでしょうが)

読書って、まあ、特に小学2、3年生くらいの生徒に勧めたいとおもって

読書のプログラムを塾でやっているんですが

あるお母さんに聞かれて私が思っていることを言いました。



グループで、またはクラスで同じ本を1ヶ月かけて読むというのは

その本の中の世界をみなで共有して

自分ひとりで読んでる時よりもはるかにリアルにその世界を感じるということだと思うんです。

登場人物は自分ひとりが知っている「彼」ではなくて

自分のクラスメート全員が知ってる「彼」なわけです。

「彼」について語るとき、あたかも彼が実在の人物のような気がしてきて

本を読むということが、文字を読むということではなくて

本というページの扉から本の中の世界を覗いている感覚になると思うんです。

本の世界について語るとき、読者は自分の住んでいるところ以外の世界の話をすることになります。

ときにはその世界の住人として考えたり感じたりします。

クラスメートがそうしたら自分だって同じようにしてしまいます。


本の世界を知った子供にとっては

本は別の世界の入り口です。

しかしそうでなければ本を開いてもそこには活字しかなく

白いページに黒いインクの墓標が並ぶだけで

血の通わない人の名前を延々と呼び続ける恐ろしく退屈な作業になります。



本の数だけ世界があって

本の中にはよく知っている人がいて

っていうことを強く低学年のうちに信じることができたら

これは一生の宝物になりますよね。

いまのところこの我々の社会で

字を読まない本を読まないで情報を得たり仕事をしたりって考えられません。



先日、建築系の仕事をしておられるお父さんが説明のときお話してくださったのですが

「文章を読んだり書いたりすることは、われわれの仕事でも非常に重要です。

 たとえば仕事でミスをした時に始末書が書けるかどうか

 それがちゃんと書けるかどうかでその人のポジションって決まってくるんですよね。

 だから僕はぜひ子供に習わせたいんですよ」

と言って入会してくださいました。


私はただただ感動していました。

始末書とか日報とか企画書とか

そりゃそうですよね。

生きることと文を書いたり読んだりって切っても切り離せませんよね。



まあ、うちの息子に言わせたら

「人生で大切なことはすべてかいけつゾロリで学んだ」って感じですけどね。
posted by りんご at 12:23 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

作り手が成長し続けるということは

たった1〜9までの数字を使って

いろんなパズルができると思っていました。

いや、実際にナンプレなんかはそうですよね。


それで小学生ですと1〜9までの数字を1回だけ使って

パズルをつくろうと思って

前回のメルマガでは3桁+3桁で答え3桁というものをやりました。

【りんごパズル】『1〜9までの数をつかって筆算』



そうしたら昨日はまた新作ができてそれは1問2問じゃなくて

たくさんできるタイプなのでこれから使っていこうと思ってます。

これは気がつかなかったってことって毎日体験しますが

今回のもそうです。


もう毎日毎日数字の1〜9までを使っているのに

どうして我々は単純なことにさえ気づかないんでしょう。


今回でデータ販売と一般売りは休止いたしますが

作り手としての私は成長し続けます。

それってどういうことかよくわかっていなかったのですが

毎月新しいパズルが出来るってことですね。


つくれば作るほどネタ切れ状態から遠のいていきます。

不思議なものです。

成長し続けているものですから

1年前につくったものが古びて感じます。

常に新しいパズル教材を提供したいと考えています。



では。
posted by りんご at 10:34 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

中級パズル冊子

実は来月からは冊子で問題を販売することになっています。

中級という位置づけで、

今までつくったものを再編集していく予定でしたが

やはりこの1ヶ月の間にも新しいパズルが出来てるので

新作も混ぜていくことにします。


新しいの思いついてそれを埋もれさせるのは

どう考えてももったいないですから。

どの本にものってませんから。

だれも知らずにっていうのはどうかと思います。

またどんどん作りますのでよろしくお願いいたします。



では。
posted by りんご at 18:52 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

自社配信メルマガ

無料のメルマガスタンドも使っているんですが

自分のメインとしては有料のメルマガスタンドです。

けれどここ数日、不達が多く

しかもその理由がわかりません。

もしもメルマガが届いていないようでしたら

ご連絡ください。

別の新しいところに契約しなおそうかと考えています。

その場合は3月からにします。



では。
posted by りんご at 22:05 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

スタイルについて

もう本当に近日中にメルマガを書きます。

公立中高一貫校適性検査対策のメルマガです。



なかなか書き始められないのは

内容というかスタイルが決められないからです。

「なんで?」って思われるかも知れませんが

ブロガーの人がブログを毎日書けるのは

ブログという仕組みがあるからです。

タイトル入れて

本文を書く。

それだけだと考えるのは書いたことがない人だけです。

実際はそれを書く時のパーソナリティを決めないといけません。

どんな人格で書くか、っていう大袈裟なことではないのですが

そういう感じのことです。

何を書くか、どういう構成で書くか

どれくらい書くか

誰に書くか

もういろいろ決めないと書けません。


しかし一度決まってしまうと

次からは非常に楽なのです。

ストレスがありません。

よくニュースサイトを毎日やってるね、って言われますが

あれはそんなにストレスはありません。

もう形式が決まっているから。

どんな記事を選びどんな記事を選ばないか、

それが自分の中ではっきりしているので

あとはやるだけなのです。


それと同じようなことをメルマガでも決めないといけません。



では。
posted by りんご at 10:20 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

パズルマガジン2月号(最終号)

先程、ヤマトさんでパズルマガジン2月号を発送いたしました。

今回がデータでの販売の最終号になります。

3月からの冊子を見本で同封いたしました。



3月からは新規では塾への販売に限らせていただきます。

一回に冊子で5冊送ることになります。


一般の方へは月に1回の授業という形にする予定です。

どのようになるかは未定です。



2月号の販売は2月28日をもって終了させていただきます。

ありがとうございました。



posted by りんご at 13:36 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

百均の「赤いきつね」と迷いつつ月曜だけ買ふ朝日新聞

結婚して10年くらいずっと産経新聞をとっていたのですが

昨年、妻が任天堂Wiiがもらえるというので

5年契約で朝日新聞にしました。

まったく主義主張が逆の新聞をとっています。

っていうか新聞なんてどこでもいいって思ってるんですが

今日の朝日新聞を読んで朝日新聞が好きになりました。


今年一番の文学ニュースだと思うんですが

「謎のホームレス歌人」という記事がありました。

公田耕一氏の作品です。



(柔らかい時計)を持ちて炊き出しのカレーの列に二時間並ぶ



この歌で昨年12月8日に初入選したそうです。

住所が不定なので(ホームレス)という住所表記になったそうで、朝日新聞偉いです。


鍵持たぬ生活に慣れ年を越す今さら何を脱ぎ棄てたのか

                  12月22日入選



パンのみで生きるにあらず配給のパンのみみにて1日生きる

                  1月5日


日産をリストラになり流れ来たるブラジル人と隣りて眠る

                  1月19日


親不孝通りと言へども親もなく親にもなれずただ立ち尽くす
 
                  1月26日



パンの歌と並んでずば抜けている感があるのがタイトルにしたこれです。


百均の「赤いきつね」と迷いつつ月曜だけ買ふ朝日新聞



俵万智が出てきたときのドキドキ感が歌にあらわれている。

今年一番の文学ニュースだと思う。

彼が今年のベストセラーをいま路上で書いている。


posted by りんご at 09:57 | Comment(2) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

冊子

3月から販売するものは

基本的に冊子にする予定です。

もしくは印刷したもの。


3年後を考えるとデータ売りは楽だけど不都合な部分が出てくるので。

また私ひとりじゃないところもあるのでそれがきっかけということもあります。


今年は予定がかなり入ってしまいました。

作成リストを作らないといけませんが

頭の中にあるものだけでもかなりのものになってしまいました。


依頼されているもの、

出版に関するもの、

自社販売のもの、

それぞれ結構な量になってしまいます。



とは言っても5月ごろになるとまた落ち着くのかも。

ペースがつかめるのがそれくらいになるのかもしれません。

posted by りんご at 10:48 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

雑記

自分の周りの人も含めてめまぐるしく動いていますね。

塾としては受験シーズンであわただしいですし

塾長としてはこれから塾をどうしていくかってことを考えると

それはまた頭の中が忙しくなります。


けどそんなことを差し引いても自分の周りの人が

いいエネルギーを発散しながら変化しているのを感じます。

ブログを書き始めて4年近くたちましたが

いま自分にかかわりのある方は

本当に行動をする人が多いです。


私も刺激を受けるし

時には与えたりもしているんだと思います。


また書きます




では。
posted by りんご at 17:53 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

雑記

ちょっといったん計画をご破算にして

また計画を立て直しています

3年計画で考えると今自分が何をやらないといけないかがよくわかります。



メルマガを全然書いてないので書きたいですね。

本を出させていただいてから

もういろんなことがありすぎですね。

考えることが多くなったのは確かです。


では。
posted by りんご at 17:45 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

OSを取り替えた一日

今日は今までのWin95をVistaに交換したような一日でした。

映像で表現すると

このクリップの1分37秒からの映像になります。


サザンオールスターズ 「勝手にシンドバッド」 1978


サザンと他の人たちの音楽に対する捕らえ方の違いがよく現れている。

他の人がお花畑をお散歩してるときに

サザンだけはアンツーカーの上を疾走している。



そのことは俵万智のうたにも使われているくらいだ。

あの『サラダ記念日』にあるうた


「忘れたいことばっかりの春だからひねもすサザンオールスターズ」



今までの流れを断ち切って新しいことを始めることは

サザンのデビューの映像にたくさんヒントがある。


デビュー当時のサザンオールスターズ
posted by りんご at 23:16 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

自分を表現していこう

出版社をつくり

テキストを販売していこうとしているのですが

まったくもって儲かりませんね。

うまくいってトントンくらいのことを

どうしてこんなに必死にやっているのか呆れられます。




けど、思っていることは自分を表現せずにはいられないってことじゃないでしょうか。

いまから余命がどれだけなのかわかりませんが

(40〜50年くらいあるとうれしいのですが)

今まで生きてきたのなんか一瞬ですよね。

特にこの10年なんてあっという間でした。

油断したら、というか

休憩したらそのまま沈んでしまう、みたいな強迫観念はないですが

表現せずに時間が過ぎ行くことは耐え難いのです。


posted by りんご at 14:09 | Comment(2) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RINGO PUZZLE Vol.1

今、印刷所から届きました。

塾向けパズル教材です。


090210_1051~01.jpg


今までブログを書かずに何をしていたんだって

思われていたかもしれません。

これをつくっていました。



これがりんご出版の第1号です。


posted by りんご at 11:01 | Comment(3) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ピラミッドの高さ

その昔、文学評論家の柄谷行人が

「健全なる精神は健全なる肉体に宿る、とかって

そもそもの引用から間違ってる」っていってました。

へ〜、そんなものか〜って感想しかなかったのですよね。

あの時は文学しか興味なかったですし。


それでピラミッドの高さですが

三平方の定理や比のところで建物の高さとか測るっていうのがあるじゃないですか。

あれでよくピラミッドの高さをターレスが測ったってありますよね?

棒切れの影の長さとピラミッドの陰の長さを比較して

ピラミッドの高さを測ったやつです。

そのときに「棒の根元から影の先端までの距離は測れるけど

ピラミッドの中心からどうやって長さを測るんだい?」っていうツッコミがありますよね。

あれって影の位置がある程度ズレるまで待つんですね。

たとえば1時間前と今の影の位置のズレを測って

それと棒の高さからピラミッドの高さを出したんですね。


文章だけだと伝わりにくいですが

一応アップしておきます。


では。
posted by りんご at 16:20 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30年前の忘れ物

今朝、息子(小1)が宿題の「あのねノート」を持っていくのを忘れました。

昨晩書いていてそのままテーブルの上に置きっぱなしだったのです。

本人が忘れたのは本人がいやな目にあって学べばいい、

という考え方もあるのですが、今朝はもって行きました。



すでに授業は始まっていて学校の音が聞こえます。

玄関に入ろうとしたときに遠い記憶がよみがえりました。

私も忘れ物をしたときに祖父が届けてくれたことです。

どんな気持ちで祖父は私の忘れ物を届けてくれたのか、

自分が届ける立場になってはじめてわかるものですね。

もう忘れ物がいいとか悪いとかっていう問題ではなく、

人は人に支えられて生きているってことがわかります。

先生が息子に「忘れ物をお父さんが届けてくれたよ」

ってひとこと言ってもらえれば一生その事実は残り、

彼が親になった時に思い出すかもしれません。

どんな方法でも思いやりがあれば、それは人に影響をあたえるんじゃないかって思いました。



りんごメールマガジン毎朝6時にケイタイに届きます。
posted by りんご at 11:14 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

京都でセミナー

2月18日の午前11時から

京都でセミナーをいたします。

今回の主催は永濱先生です。

昨年私のりんごセミナーで話していただいたので

今回は私が先生のセミナーで話をさせていただきます。

小学生向けのパズルを使った算数の授業の作り方とか(そんな大それたことではないんですけど)

地元公立トップ高校が中高一貫校になったらとか

そういう話をする予定です。


ご興味のある方はまたご連絡ください。


小学生の指導 | 塾経営日記

よろしくお願いいたします。





posted by りんご at 22:06 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記(似ている)

今朝、父がふらっと家に来た。

今は元気だ。

この前お会いしたとある協会の部長さんが

私の父に似ていたので非常に身近に感じたのを覚えている。


似ている人にはすごく親近感がわくものだと思った。
posted by りんご at 10:11 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

自分たちから仕事を作って忙しくしています。

本を出させていただいてからスピードが上がった気がします。

本当はセールスとか一生懸命しないといけないと思います。

いや、もっと売れるとうれしいんですが

今はこの気分で行けるところまで行こうと思ってます。

どんな気分かと言いますと

追い詰められている気分です。


本を出しても仕事の幅が広がらないとあまり意味がないんじゃないかと思ってます。

本業は塾であり問題作成なので

そちらの仕事が広がるように持っていきたいと思ってます。

ですからできるだけいろんな人と会って

仕事の幅を広げようと思っています。


おそらく今月中に京都でセミナーがありますので

そちらの方へ出かけていって

いろんな方と知り合いになれればと考えています。



けれど一番は教材作成です。

出版が終わってからお話をいただいて

春までに塾向けのテキストを出させていただくことになりました。

その準備があわただしくてなかなかブログの方が更新できないのですが

やっぱりブログは大切なのでそんな言い訳しないで書くことにします。



とにかく毎日恐ろしいスケジュールで教材を作成しています。

私もスタッフFさんもこんな量はこなしたことがないので

不安はあるのですが挑戦しています。

明日彼女が仕事に来ると

また信じられない量の仕事が増えているので

かなり驚くと思います。


不景気と言われていますが

赤字でもいいからどんどん仕事を作り出しています。

人から仕事をいただけるかどうかなんてわからないご時世ですから

とにかく自分たちから仕事を作って忙しくしています。


では、また。

posted by りんご at 01:01 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

今年の検定

今年はこの検定をしようと思ってます。


iML国際算数・数学思考力検定



posted by りんご at 15:49 | Comment(2) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記

最近はどうも何を書いていいのか分からなくなりました。

まあ、そういうことって定期的にやってくるから仕方ないですね。


ところでパズルマガジンは2月号で終了させていただきます。

3月からは「りんごの赤本シリーズ(仮)」として

毎月、1つか2つの中学の入試問題をとりあげていきます。

第1回目は「慶應義塾特集Vol.1(仮)」です。

慶應は3校あるので慶應だけで十分だと思ってます。



また書きます。
posted by りんご at 13:36 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする